生産性と創造性を上げるスローライフ

スローライフの合理性

先日、友人たちと盆栽を買いに行った際に骨董品屋さんに立ち寄り、それぞれの理想の暮らしのカタチなどを話す機会がありました。

・高級なものが欲しいのではなく、「これはね…」と一つ一つ思い出やストーリーを語れるものを大切に使いたい(結果的に高級なのはよい)
・平屋に住みたい
・和室や欄間(らんま)、床の間のある暮らしがしたい
・囲炉裏とかほしい笑
・ゆっくりお湯を沸かしたい
・丁寧な暮らしがしたい

…なんだかお婆ちゃんのようなことを言っていますが、不思議と同調。それが実現するかどうかはさておき、忙しい毎日を生きる現代人だからこその原点回帰のようにも感じました。

また、若い時には機能性や合理性を求め、都会的な生活に憧れていたのですが、実はスローライフや緑のある生活も「心身のバランスが良くなる」「コンディションが整う」「メリハリが生まれる」ため、その後の生産性や創造性に対して機能的であり合理的。

芸術家や経営者が閃きを得るために”敢えて”ぼーっとする時間を作ったり、切り替えを好む理由に触れた気がします。

主立つ言葉の意味

そして、経験や体験を重ねていくと、言葉の意味が変わってくるのだなーと体感しました。故に、久しぶりに私の人生の中で主立つ言葉の意味を再確認、再精査しております。

例えば、

大切なものとは何か?
愛とは?
自由とは?
仕事とは?
お金とは?
人生とは?
時間とは?
出逢いとは?
別れとは?

など。

…これらは自分の価値観にも大きく基づくものですが、若かりしあの日に「こうかも!」と思った言葉の意味と、今ここから思う言葉の意味とが一致するとは限りません。

関連記事

  1. 女性は「呼ばれ方」で顔が変わる

  2. 楽しみながら、合理的に学ぶためには?

  3. 新しい形式での運動会

  4. 吾唯知足

  5. 想像していたよりも、ずっと綺麗

  6. 自分の変化に逆らわない

Profile


株式会社16petales(セーズペタル)代表取締役
長谷川 裕美(はせがわ ひろみ)


2014年にメンタルコーチとして起業(個人事業主)。SNS発信とご紹介のみで、コーチングセッションのキャンセル待ちが100名を超える。これまでの登壇/主催開催/招致セミナー・イベントへの参加者は延べ3000名以上。

現在は、コーチングや写真撮影、各種ディレクションを通して、クライアントの持つ世界や思いを外在化し、目標への現実化のサポートやマネジメントを行う。

また、2019年に「株式会社16petales(セーズペタル)」を立ち上げ、日本の伝統文化のリライトやオリジナル商品販売を行う。現在では国内外に顧客を持つ。


Online Shop

Mail Magazine

  1. 2021.06.18

    相談ばかりしている人は成功しない

  2. 2021.06.16

    オーガニックのものを使うと直観力が上がる

  3. 2021.06.15

    これ以上ないくらいに緩む