アウトプットの基本は「賢く」

他者に対してのアウトプット

先日のことですが、コーチング勉強会内で「アウトプット」についてのプチセミナーを開催させていただきました。

「アウトプット」と「インプット」は一対なので、本来はどちらのお話もする必要なのですが、今回重点を置いたのは「アウトプット」。

そして、「自分に対するアウトプット」ではなく「他者に対してのアウトプット」の会となりました。

ごもっとも!

「他者に対してのアウトプット」というのは、ただ単に気持ちをぶつければいいというものではありません。

「私がスッキリするため」の自己満足の発散を続けている限り、「建設的な話が出来ない相手」と見做されてしまうことも。相手が「yes」や「I’m sorry」と言ったとしても、それはただ相手が我慢をしていたり、諦めからくる結果であることも多分にあるのです。

かくいう私も、若い頃には「自分の気持ち」「自分の考え」「自分の気分」の声がやたらと大きく、視野が狭く傲慢な考えであるにも関わらず、傷付けられた事象や痛みにだけは人一倍敏感で…など、面倒極まりない「こじらせ」も身の内に経験しました。

しかし、そんな時に救ってくれたのが、シェイクスピアの

喜怒哀楽の激しさは、その感情とともに実力までも滅ぼす。

という言葉であり、務めていた会社の上司に言われた

感情に振り回される人間に、重要なポストは与えられない。

という言葉でした。

もー、ごもっとも!

いつかブーメランのように我が身に返ってきてもいい対応をする

では、「他者に対してのアウトプット」の基本は何なのか?というと、一つは「感情的に言わない」ということ。

感情的に伝える、感情を露呈する、感情を爆発させる…というのは、一時的/短期的に効果があったとしても、失うものも多すぎます。信頼や将来性だけでなく、品性や知性も欠いていきます。

よって、「感情的に伝えるのではなく、感情伝えましょう」というのがセオリーなのですが、私は「自分がされて嫌なこと、困ること、ドキドキしたり委縮しちゃうことは、相手にしない」ことだと訳しました。

もちろん、感じ方はそれぞれですし、私の考えが正しいわけでもありませんが、基本的には「いつかブーメランのように我が身に返ってきてもいい対応をする」とも言えます。

ストレスの発散はいつ、どこで?

また、精神的にも成熟した友人たち(年齢は関係なし)を見ていると、みんな「一人でのストレス発散」が上手いという共通点も見出しました。

その上での対話や議論なので、個人の感情や気分とを分けて話が出来るのでしょうね。

誰かと話す、どこかに行くことでもストレス発散やリフレッシュも大切ですが、自分で自分のご機嫌を取れる人はやはり魅力的。目指す姿はここにあります。

対 異性の場合は?

そして、先日は「対 異性の場合」についても話が及びました。私は女性なので、「対 男性に対して」という意味合いになります。

これこそまさに、感情で語らないこと。感情を押し付けないこと。脅さないこと。凄まないこと(笑)

そして、個人的には「女性であることを捨てない」「可愛くある」、つまりは全てを包括して「賢くある」だと思っています。

これは相手に媚びろ、フリフリした服を着ろ、ということではなく、「そちらの方が、合理的かつスピーディかつエレガント」であり「眉間にシワが刻まれず、メンタルヘルスにも美容にもよい」だからです(笑)

本当に話し合わねばならない議題、すり合わせなければならない議題においては別ですが、それ以外については「本当にやりたいこと、本当の願い、築きたい関係性のためにも、賢く」と思っています。

関連記事

  1. 占いや統計学はいい部分だけを信じる

  2. 何者でもないコンプレックス

  3. 続けていれば、ライバルは勝手にやめていく

  4. 楽しくいただいている時には太らない

  5. あなたがもう背負う必要のないもの

  6. 想像していたよりも、ずっと綺麗

Profile


株式会社16petales(セーズペタル)代表取締役
長谷川 裕美(はせがわ ひろみ)


2014年にメンタルコーチとして起業(個人事業主)。SNS発信とご紹介のみで、コーチングセッションのキャンセル待ちが100名を超える。これまでの登壇/主催開催/招致セミナー・イベントへの参加者は延べ3000名以上。

現在は、コーチングや写真撮影、各種ディレクションを通して、クライアントの持つ世界や思いを外在化し、目標への現実化のサポートやマネジメントを行う。

また、2019年に「株式会社16petales(セーズペタル)」を立ち上げ、日本の伝統文化のリライトやオリジナル商品販売を行う。現在では国内外に顧客を持つ。


Online Shop

Mail Magazine

  1. 2021.09.19

    公式LINEをスタートしました

  2. 2021.09.17

    もっと受け取り上手になる方法

  3. 2021.09.15

    2022年の手帳が届きました