ブロック/思い込み/心のクセ

ブロック/思い込み/心のクセ

ブロックや思い込み、心のクセについて、

「この心のクセ、もう手放したい」
「この心のクセ、もう手放したい」
「◯◯にブロックがあるから外したい」
「こんな思い込み、もう外したい」

と観測し、認識している時点で、『そのブロックや思い込みやクセのコントロール下にないから、外から客観的に見つめたり、話せたり、認識できている』と言えます。

なので、そこに至っていると知ったら後は「手放しつつある」と意識して過ごせばOK。

お化け屋敷のオバケ、怪談のオチ、マジックの種なんかと一緒で、知ってしまえばなんてことはない。(知って尚、巧妙なものには引っかかるけど
それさえ繰り返せば慣れる)

また、「変わりたい」にしても同様で、「変わる」「変わらない」の二面だけではなく、その間には「変わりつつある」というフェーズがあります。

それもまた意識することで強化されます。

友だち追加

 

関連記事

  1. 今の時代に求められる「アクティブさ」

  2. 使わないのなら、ないのと同じ

  3. 無能なリーダーほどルールを作る

  4. もっと受け取り上手になる方法

  5. 未来を味方につけるスケジューリング

  6. 「ワケもなく好き」にはワケがある

Profile


株式会社16petales(セーズペタル)代表取締役
長谷川 裕美(はせがわ ひろみ)


2014年にメンタルコーチとして起業(個人事業主)。SNS発信とご紹介のみで、コーチングセッションのキャンセル待ちが100名を超える。これまでの登壇/主催開催/招致セミナー・イベントへの参加者は延べ4000名以上。

現在は、コーチングや写真撮影、各種ディレクションを通して、クライアントの持つ世界や思いを外在化し、目標への現実化のサポートやマネジメントを行う。

また、2019年に「株式会社16petales(セーズペタル)」を立ち上げ、日本の伝統文化のリライトやオリジナル商品販売を行う。現在では国内外に顧客を持つ。


Online Shop

  1. 2022.07.18

    〈BON31CLUB〉の 不織布トートバッグが出来ました…

  2. 2022.07.17

    「SLOW CIRCUS ACADEMY」にて対話の時間…

  3. 2022.07.12

    ブロック/思い込み/心のクセ

  4. 2022.07.06

    書き出しワークのすゝめ

  5. 2022.07.04

    好きなものを丁寧にヘビーユースする

  6. 2022.07.03

    「SLOW CIRCUS ACADEMY」1期生がスター…

  7. 2022.06.21

    裏側