グスク(城)の居館に滞在する

グスク(城)の居館に滞在する

今年も家族で沖縄に来ています。

今回の旅の前半は、2020年7月にオープンした『星のや沖縄』へ。お宿のお宿のコンセプトは「グスクの居館に滞在する」。

沖縄に遺る琉球時代のグスク(城)にインスピレーションを得たそうで、「グスクウォール」と呼ばれる塀に囲まれ、護れた空間にある一棟でのんびり引き籠って過ごします。

お部屋もサービスも至れり尽くせり。

近すぎず、のどかさを残しつつ、ホスピタリティはあり、こういった時勢ということもあるのでしょうが、ちょうどよい距離感。

沖縄の原風景を思わせるような土地に建つにも関わらず、虫も少なく(ヤドカリやヤモリはいますが、彼らは大丈夫!)、快適に過ごしています。

沖縄である理由

昨年の夏は石垣島、一昨年は沖縄本土…と、ここ数年は、夏になると沖縄に滞在するのがお決まりになっています。

その最も大きな理由が『娘の水泳練習』。

よって、プライベートプールと眼前に海が広がるこの地を選んでいる模様。(家族旅行の企画や手配は主人が行うため、私と娘は運ばれていく係です笑)

今回はビート板とヘルパーを家から持参しました。

当初の予定は雨や曇りでしたが、今日は晴れ間も見えるほど心地よく、けれど強すぎる直射日光もないという好天候。

スイミングスクールでも昇級するか否かの瀬戸際なので、娘もノリノリで特訓しまくりました。

ひっそりリトリート

リゾートリゾートホテルが多い本島中部の華やかさとはまた違う、読谷(よみたん)村ののどかさな空気、寄せては返す波音と鳥の声のみが聞こえる空間で、のんびりまったり引きこもって過ごします。

家族写真は、「沖縄の深海をイメージした」というフロントにて。

全員マスク姿なのが、時代を象徴していてよいかと思います。

関連記事

  1. 数奇屋造りの定宿へ

  2. 運気と匂いの密接な関係

  3. 新緑の白川郷

  4. 贅沢かつ大人な時間の使い方

  5. 東京雲海

  6. 奥の手、別の手を持つ『のとじま水族館』

Profile


株式会社16petales(セーズペタル)代表取締役
長谷川 裕美(はせがわ ひろみ)


2014年にメンタルコーチとして起業(個人事業主)。SNS発信とご紹介のみで、コーチングセッションのキャンセル待ちが100名を超える。これまでの登壇/主催開催/招致セミナー・イベントへの参加者は延べ3000名以上。

現在は、コーチングや写真撮影、各種ディレクションを通して、クライアントの持つ世界や思いを外在化し、目標への現実化のサポートやマネジメントを行う。

また、2019年に「株式会社16petales(セーズペタル)」を立ち上げ、日本の伝統文化のリライトやオリジナル商品販売を行う。現在では国内外に顧客を持つ。


Online Shop

Mail Magazine

  1. 2021.09.19

    公式LINEをスタートしました

  2. 2021.09.17

    もっと受け取り上手になる方法

  3. 2021.09.15

    2022年の手帳が届きました