折角なら言霊にあやかる

折角ですから。

最近、clubhouseで朝活を開催していることもあり、朝から声を出す機会が増えております。

ただ起床して一人でモソモソと活動するのではなく、声だけではあるのですが(clubhouse)、世界に向けて声を言葉を発する。会話をする。それが心地よくて、毎朝が楽しみな次第です。

その際、あらかじめ「あー」「いー」「えー」など声を出してから配信に臨むのですが、最近は折角なので言葉を発するようにしています。それはズバリ、「ありがとうございます」。しかも、連呼。

ここで言う「ありがとうございます」は、発声練習としての言葉の羅列だとも言えるのですが、しかし、日本には言霊があります。「めんどうくさい」「眠たいよー」よりも、良い周波数を生み出すのではと思う所存。

よって、最近は日の出を待つ仄暗い部屋で一人、「ありがとうございます」を連呼しています。

関連記事

  1. 「慣れていく」過程を経験する

  2. 10分お掃除

  3. そのエネルギーが現実化する

  4. 今の時代に求められる「アクティブさ」

  5. 想像していたよりも、ずっと綺麗

  6. 無邪気でいることが人生を動かす第一歩

Profile


株式会社16petales(セーズペタル)代表取締役
長谷川 裕美(はせがわ ひろみ)


2014年にメンタルコーチとして起業(個人事業主)。SNS発信とご紹介のみで、コーチングセッションのキャンセル待ちが100名を超える。これまでの登壇/主催開催/招致セミナー・イベントへの参加者は延べ3000名以上。

現在は、コーチングや写真撮影、各種ディレクションを通して、クライアントの持つ世界や思いを外在化し、目標への現実化のサポートやマネジメントを行う。

また、2019年に「株式会社16petales(セーズペタル)」を立ち上げ、日本の伝統文化のリライトやオリジナル商品販売を行う。現在では国内外に顧客を持つ。


Online Shop

Mail Magazine

  1. 2021.05.11

    肌は替えが効かない

  2. 2021.05.10

    「今ここ」を体感する

  3. 2021.05.08

    一日早い母の日