「いまだかつて、倒産した企業で、きれいに整然と掃除が行き届いていた会社はありません」

プロの手でお掃除

2021年の上半期最後だった6月30日は、キッチンのクリーニングを業者さんにお願いしました。

私は「お料理が大好き」というわけでもなく、どちらかというと「必要だからお料理している」方だと思います。嫌いではないのですが、決してウェイトが高くないのです。

が、我が家はオープンキッチンであり、キッチンカウンターをダイニングテーブルとしても使っており、汚れが目立ちやすいのが玉に瑕…(しかも、ブラックが基調)

水垢、油跳ね、各種汚れにもある程度は注意し、お掃除もしていますが、しかし、日常的に使うことで汚れる部分はどうしてもある…

また、私が長時間過ごしているデスクもキッチンに面しているので、綺麗であることにこしたことはない…

そして、プロの技も見てみたいし、何より楽もしたい…

そんなことを考えてた折、主人の知り合いの方がハウスクリーニング会社を立ち上げられたということで、クリーニングをお願いしました。

いい体験

結果、業者さんには「(キッチンと周辺も)綺麗な方です」と仰っていただくことに。

実際、予定よりも1時間早く終わったのですが、いやいや、引っ越した日のピカピカ具合に感動しました。

これまで業者さんにお掃除をお願いするのは「年末(あるいは半年に一回)の窓掃除」だけだったので、「年末や節目にお願いするもの」というバイアスがかかっていたことにも気付きましたし、私の中ではなかなかなお値段でしたが、いい体験にも。

そして、この綺麗さに釣られて私の美意識が上がっている気もします(ちょっとした濡れや汚れをすぐ拭く笑)。

「いまだかつて、倒産した企業で、きれいに整然と掃除が行き届いていた会社はありません」

そんな中、ふと、鍵山秀三郎氏(イエローハットの創業者)の

「いまだかつて、倒産した企業で、きれいに整然と掃除が行き届いていた会社はありません」

という言葉を思い出しました。

神社を見ても分かるように、神様や高次元の存在が立ち寄り、留まるのに必要なのは”広さ”や”新しさ”ではないことが分かります。これは家の環境や会社の機運もまた同様ですね。

古木や古家具、古い設えでも、丁寧に扱われ、磨かれたものは美しく、何らかの依り代になり得ると思う本日。

世界の状況が落ち着いたら、また自宅セミナーも開催したいと思います。

関連記事

  1. 相談ばかりしている人は成功しない

  2. 潜在意識の影響を受けやすい人の幸福メソッド

  3. 今の時代に求められる「アクティブさ」

  4. 私はあの人にはなれないし、あの人は私になれない

  5. 「私」が心地よく過ごせるための事前準備

  6. 数より質/質より数

Profile


株式会社16petales(セーズペタル)代表取締役
長谷川 裕美(はせがわ ひろみ)


2014年にメンタルコーチとして起業(個人事業主)。SNS発信とご紹介のみで、コーチングセッションのキャンセル待ちが100名を超える。これまでの登壇/主催開催/招致セミナー・イベントへの参加者は延べ3000名以上。

現在は、コーチングや写真撮影、各種ディレクションを通して、クライアントの持つ世界や思いを外在化し、目標への現実化のサポートやマネジメントを行う。

また、2019年に「株式会社16petales(セーズペタル)」を立ち上げ、日本の伝統文化のリライトやオリジナル商品販売を行う。現在では国内外に顧客を持つ。


Online Shop

Mail Magazine

  1. 2021.07.30

    アウトプットの基本は「賢く」

  2. 2021.07.27

    思考力と検索力

  3. 2021.07.25

    自分の持つ影響力を自覚する