無能なリーダーほどルールを作る

リーダーの宿題

昔、ある尊敬する経営者から聞いた

「無能なリーダーほどルールを作る」

という言葉が心に残っております。「そこに集まる人が粗暴だったり、自己中心的だからルールを厳しくしなければならないのではなく、それを統率する人間の問題でもあるのだよ」と。

他者への影響力

娘に「あれしなさい、これはこうしなさい」と口うるさく言っている自分を省みると、「一人のレディとして人間として必要な部分はある」と理性的に思う反面、「私の背中に説得力がないのだろうなー」と感じる部分も。

「どこから目線!?」と言われそうですが、私が何かを勉強・習得しに行く際、「目的や意図を最大限に優先する場合」においても

・言葉と行動と表情
・思念と現実
・掲げているコピーと発しているオーラ
・その人自身とその人がお付き合いしている方々の周波数…

が不一致だと感じていると、どこか懐疑的になってしまう部分もあるから。(純然たる技術やスキルにおいては別物として考えることがほとんどですが、メンタルや精神、心や脳の仕組みや量子力学的な部分においては特に)

それを踏まえて我が身を振り返ると、まだまだブラッシュアップできそうな部分が沢山あります。いや、伸びしろしかない笑

関連記事

  1. 言っていること/やっていること/思っていることを一致させる

  2. 世界観は現実に反映される

  3. 自分の持つ影響力を自覚する

  4. 楽しくいただいている時には太らない

  5. 心の栄養を蓄える

  6. 折角なら言霊にあやかる

Profile


長谷川 裕美(はせがわ ひろみ)

株式会社16petales(セーズペタル)代表取締役 メンタルコーチ/フォトグラフ

2014年にメンタルコーチとして起業(個人事業主)。SNS発信とご紹介のみで、コーチングセッションのキャンセル待ちが100名を超える。これまでの登壇/開催/招致セミナー・イベントへの参加者は延べ4000名以上。

2019年1月に「株式会社16petales(セーズペタル)」を立ち上げ。

2022年7月より、認定NPO法人 スローレーベルが主催する”SLOW CIRCUS ACADEMY”にて「対話の時間(グループコーチング)」を担当。

現在は、グループコーチングや写真撮影を通して、クライアントの持つ世界や思いを外在化し、より豊かで自由な人生へのサポートを行う。


Online Shop

  1. 2022.11.20

    KANAYA RESORT HAKONE

  2. 2022.11.16

    PJT6期 東京ランチ会&丸の内photo散歩

  3. 2022.11.14

    超初心者登山部の皆さんと高尾山へ

  4. 2022.11.11

    今年最後のリアルPJT

  5. 2022.11.08

    PJT7期(2023年1月~6月)の日程のお知らせ

  6. 2022.11.07

    保護者さまにグループコーチング

  7. 2022.10.30

    Topia