残りの人生でご飯を食べられる回数は決まっているので

舌の記憶や香りが思い出と繋がっている

外出や旅の楽しみの一つは、今でもやっぱり「食」。舌の記憶や香りが思い出と繋がっていることを実感します。

サブウェイのえびアボカド(ハニーオーツをトースト)も、Shake Shackのシャックバーガーも、マックのポテトも大好きですが、丁寧に繊細に作られたお料理や命を頂戴していることをダイレクトに感じるお食事には特別なエネルギーと体験が詰まっている気が。

長谷川リスト

正直、レストランも旅館も「良い」とされる場所においては、味・食材の質・盛り付けの完成度・空間・雰囲気・趣・対応・サービスなどは「良くて当たり前」な節があります。

どこに行っても素敵だし、どこに行っても美味しいし、ソーシャルディスタンスを含めて出来る限りの努力をされている印象が。

故に、そのあたりでの差別化は相当に難しいと思うのですが(もはや好みでしかないとさえ思う)、そんな中でも贔屓にするか否か、大切な人を連れていくか否かにおいては私なりのチェックポイントがあり、『当たり』と思ったお店は、担当者さんのお名前と共に「長谷川リスト」に追加しています。

先日お食事をさせていただいた方からも、「残りの人生でご飯を食べられる回数は決まっている」というお話を聞いたばかりですし、「食」は人生を豊かにするものであり、健康運は食べたもので決まるからこそ、特別な出逢いや再会には相応しい場所を選びたい所存です。

またみんなで集まれる日に向けてアンテナを貼る毎日。

関連記事

  1. 男性はお風呂とトイレ、女性はキッチン

  2. 一日早い母の日

  3. 早朝散歩

  4. バスルームの大改装がスタート

  5. これ以上ないくらいに緩む

  6. バスルームの大改修が終わりました

Profile


株式会社16petales(セーズペタル)代表取締役
長谷川 裕美(はせがわ ひろみ)


2014年にメンタルコーチとして起業(個人事業主)。SNS発信とご紹介のみで、コーチングセッションのキャンセル待ちが100名を超える。これまでの登壇/主催開催/招致セミナー・イベントへの参加者は延べ3000名以上。

現在は、コーチングや写真撮影、各種ディレクションを通して、クライアントの持つ世界や思いを外在化し、目標への現実化のサポートやマネジメントを行う。

また、2019年に「株式会社16petales(セーズペタル)」を立ち上げ、日本の伝統文化のリライトやオリジナル商品販売を行う。現在では国内外に顧客を持つ。


Online Shop

Mail Magazine

  1. 2021.06.18

    相談ばかりしている人は成功しない

  2. 2021.06.16

    オーガニックのものを使うと直観力が上がる

  3. 2021.06.15

    これ以上ないくらいに緩む