プロフィール写真を変えると、エネルギーが変わる

撮影会を開催しました

先日、オンラインプロジェクト4期  でご一緒いただいている女性たちと撮影会を行いました。(グループ内で募集し、満席となりました。フォトグラファーは名古屋を拠点にされる鬼頭望さん

都内の某スタジオは換気も万全の気持ちの良い空間で、豊かな心を持つ皆様と素晴らしいお時間を過ごすことが出来ました。

約2年ぶりの変更

その日のうちに一部のお写真を納品いただけたのですが、私は早速、プロフィール写真をTOP画像に変更することに決めました。

Instagram、line、Twitter、アメブロ、lit.link、Googleに紐づけた全て…をはじめ、Facebookに至ってはカバー写真も刷新。

実に2年ぶりのことでした。

これまでの写真もお気に入りでしたが、しかし、時間の経過と共にエネルギーや方向性が変わってきていることはヒシヒシ痛感していたので、今(あるいは近い未来)にピントを合わせた上での精査を行いました。

皆さんの撮影中には、撮影の裏側の様子を撮影

象徴するもの

「プロフィール写真を変えると、エネルギーが変わる」というのは、これまでも自他に対してヒシヒシと感じていましたが、同時に「エネルギーが変わるから、既存のプロフィール写真に違和感を覚える」とも言えます。

「象徴するもの」は、外界に与える影響はもちろんのこと、内側に秘めた意思も意図も明確にし、如実に増幅させていくからこそ、違和感や乖離感も感じやすいのかもしれませんね。

よって、それが写真の場合には、今の自分、あるいは今後の自分の方向性や方針に合わせた一枚を選ぶことこそがベストであり、それこそが最強の意思表示であり、意図であり、ブランディング。

自分の心地よさが何より大切という方は「自分が心地よいかどうか?」で選ぶのも正解ですし、自分のテンションが最も大切という方は「見る度に自分のテンションが上がるか?」で選ぶのも正解。

写真一枚、言葉一言においても真を極める心持ちで選んでいくと、それは良い意味での自己暗示にもなり、あらゆる面で追い風を招きます。

Facebookのカバー写真に選んだ一枚

関連記事

  1. 子供はいつもマスター

  2. 軽やか=頑張らなくていい、ではない

  3. 形から入るメリット

  4. っぽくない戦略

  5. 満席を目指すと、満席になりそうなものしか作れない

  6. ICONIC photo®

Profile


株式会社16petales(セーズペタル)代表取締役
長谷川 裕美(はせがわ ひろみ)


2014年にメンタルコーチとして起業(個人事業主)。SNS発信とご紹介のみで、コーチングセッションのキャンセル待ちが100名を超える。これまでの登壇/主催開催/招致セミナー・イベントへの参加者は延べ3000名以上。

現在は、コーチングや写真撮影、各種ディレクションを通して、クライアントの持つ世界や思いを外在化し、目標への現実化のサポートやマネジメントを行う。

また、2019年に「株式会社16petales(セーズペタル)」を立ち上げ、日本の伝統文化のリライトやオリジナル商品販売を行う。現在では国内外に顧客を持つ。

2021年9月からは美腸セラピストとして、美腸活×疲れにくい脳作り×潜在意識を扱う1dayプログラムも提供する。


Online Shop

  1. 2022.01.01

    今年もよろしくお願いいたします

  2. 2021.12.09

    4期のランチ会を開催いたしました

  3. 2021.12.04

    退院しました

  4. 2021.12.01

    本日より3泊4日で検査入院

  5. 2021.11.26

    秋めく盆栽美術館へ

  6. 2021.11.25

    家族や一緒にいる人はスクリーン

  7. 2021.11.22

    受け取る覚悟