得意を仕事に。但し。

何故か上の句だけが伝わった

「得意を仕事に」あるいは「好きを仕事に」。そう言った言葉を耳にするようになって久しいですが、これらにはもう一言、追加する必要があると思います。それは、「需要があれば、仕事になる」ということです。

得意なことや好きなことを個人的な趣味をして楽しむ場合は別として、お仕事として考えると「需要がある」ことが前提であり、更に「お金を払ってもいいというレベルで需要がある」必要があります。

まずは相手の需要ありき、相手の満足や喜びや納得ありき。それらがない場合、いかに人間力があろうと、いかに人当たりがよかろうと、継続は極めて難しいものになります。

「得意を仕事に」「好きを仕事に」については、何故かここまで(上の句)しか伝わっていないことを不思議に思うと同時に、それらが重なり、お互いに幸せな関係性でいられたのなら、ライバルたちは勝手に理由をつけて辞めていってくれるので、継続と向上と必要な変化を遂げていくだけで、その道で末永く輝く可能性が高まります。

関連記事

  1. ICONIC photo®

  2. 本当に強い女性はフェミニン

  3. 「ない仕事」を発展させる

  4. 「嬉しい」の中毒性

  5. 一緒にリスクを背負うのに相応しい人たちと手を組む

  6. 軽やか=頑張らなくていい、ではない

Profile


株式会社16petales(セーズペタル)代表取締役
長谷川 裕美(はせがわ ひろみ)


2014年にメンタルコーチとして起業(個人事業主)。SNS発信とご紹介のみで、コーチングセッションのキャンセル待ちが100名を超える。これまでの登壇/主催開催/招致セミナー・イベントへの参加者は延べ3000名以上。

現在は、コーチングや写真撮影、各種ディレクションを通して、クライアントの持つ世界や思いを外在化し、目標への現実化のサポートやマネジメントを行う。

また、2019年に「株式会社16petales(セーズペタル)」を立ち上げ、日本の伝統文化のリライトやオリジナル商品販売を行う。現在では国内外に顧客を持つ。


Online Shop

Mail Magazine

  1. 2021.05.08

    生産性と創造性を上げるスローライフ

  2. 2021.05.06

    オンラインプロジェクト4期(2021年7月~12月)のご…

  3. 2021.05.05

    飛騨高山でお篭り