どちらのホスピタリティを選ぶ?

プロのお仕事

8月初旬のことですが、さるホテルに3日ほど滞在しました。

滞在中のお掃除は、「毎日、日中、家族が不在の時間」。時期も時期ということで、外出といっても敷地内でランチをしたり、海を歩いたり…がメインでしたが、その間に完璧な清掃をしてくださるのは、正にプロ。

心地よく過ごさせていただきました。

完璧。その上で思うこと

が、最初の2日間のお清掃をしてくださった方と、3日目にお清掃してくださった方が「別の方(別の美学を持つ方)」であることは、私にも即座に分かりました。

具体的に書くと、

【最初の2日間のお清掃をしてくださった方】
宿泊者(私)が何故それをそこに置いたのか?を理解し、そのスタイルを極限まで尊重してくれる。
創造力が豊か。それぞれのスペースにそれぞれの物があり、その上で完璧なお掃除と補充をしてくれる。
お掃除後には感謝の念や、(この時期なのでもちろんしませんが)お顔を見てお礼を言いたい…という念でいっぱいに。

のに対し、

【3日目にお清掃してくださった方】
完全リセット。全てがホテル既定の定位置。お仕事としては完璧だけれども、ここ2日間のお掃除に感動していたこともあり、何かしら重苦しい残穢やドライな空気を感じる。

だったのです。

もちろん、お掃除は完璧であり、不備も不足もない完璧な状態。ご自身のお仕事をされていて、どちらもプロ。

けれど、更に連泊をするのであれば、追加料金を払ってでも前者の担当者さん(そういった美学を持つ方)にお願いしたいというのが本音。

(3日のみだったので担当者のリクエストは出しませんでしたが、更に連泊するのであれば、リクエストさせていただく案件でした。注:クレームではありません)

二人の清掃のスキルは同じだったとしても、前者の発する私たちを慮る心のようなものは、例えようもないほど嬉しい気持ちにさせてくれました。

サービス提供にも通じること

では、どちらがよりプロか?というと、それはもう好みだとしか言えません。

どちらにも落ち度などなく、むしろスキルやホスピタリティが一定以上であるのであれば、そこから先は『自分と合うかどうか』。

これは受け取る私のコンディション次第で、好意も思いやりも見落としてしまうかもしれませんが、『自分が何が好きか?』を知ることは、自分にとっての居心地の良い世界を作る上で重要です。

また、サービスを展開する際にも同様で、『お客様になる』ことで感じることは本当に沢山あります。

私は7月末にとあるオンラインサロンに加入し、その後1ヵ月で更新をやめるに至ったのですが、やはりそこにはそれなりの理由があり。ある勉強会に足を運んだところ、内容にも対応にも学ぶところを多く感じ、清水の舞台から飛び降りるような投資をしてみたり。

万人に好かれることは難しいにしても、一つ一つ自分のスタイルを築き、磨き、向上させていくことは可能です。

関連記事

  1. プロフィール写真を変えると、エネルギーが変わる

  2. 仲間との出逢い方

  3. 参加していない人ほど「残念」だという

  4. 形から入るメリット

  5. それを他人に強要する時代は終わった

  6. そのこだわりは誰のためか

Profile


株式会社16petales(セーズペタル)代表取締役
長谷川 裕美(はせがわ ひろみ)


2014年にメンタルコーチとして起業(個人事業主)。SNS発信とご紹介のみで、コーチングセッションのキャンセル待ちが100名を超える。これまでの登壇/主催開催/招致セミナー・イベントへの参加者は延べ3000名以上。

現在は、コーチングや写真撮影、各種ディレクションを通して、クライアントの持つ世界や思いを外在化し、目標への現実化のサポートやマネジメントを行う。

また、2019年に「株式会社16petales(セーズペタル)」を立ち上げ、日本の伝統文化のリライトやオリジナル商品販売を行う。現在では国内外に顧客を持つ。


Online Shop

Mail Magazine

  1. 2021.09.19

    公式LINEをスタートしました

  2. 2021.09.17

    もっと受け取り上手になる方法

  3. 2021.09.15

    2022年の手帳が届きました