そのこだわりは誰のためか

矢印の向く方向

今日はお仕事においてのお話です。

例えば、「私は〇〇をしています」と名乗るのは誰のためか?
「私のサービスを受けると、××という状態が〇〇、あるいは△△になります」と示すのは誰のためか?
「お客様の声」を頂戴したり、「自分の知識やスキル、伝え方を磨き続ける」のは誰のためか?

それ以外にも、顔を出す、サービスメニューを分かりやすく出す、金額を明記する、期日を明記する、予約方法を明確にする、掃除をする、HPやSNSで発信をする、チラシを配る、笑顔でいる、自分を整えるのは誰のためか?など無限にありますが、それらは「私のため」か「お客様のため」か、「私の気持ちに沿う」のか「お客様の立場に立つのか」に大別されていくと思います。

全てのイエスとは言わないけれど。

全てのリクエスト、提案、ご意見に「イエス」とは言えずとも、やはりお客様は神様です。いつだってお金をお支払いくださり、ご縁を繋いでくださるのはお客様。自分の努力や行動も未来を創りますが、あらゆるものの中核にあるは「出逢い」と「ご縁」。

つまり、「人」の存在なしには、運命は動かない。

それにも関わらず、「人には興味がない」「やりとりはしたくない」「フォローも出来ない」「ペーシングも苦手です」でも「お金は欲しいです」「でもお客さまには囲まれたいです」というような声を聞くと、私は一人、苦笑してしまいます。

矢印の向きが、全部自分を向いているではないですか、と。お客様はそれを敏感に感じ、多くの場合は静かに静かに離れていきます。

そのこだわりは誰のためか

そういった上でも、こだわるポイントというのはそれぞれにあると思います。

フォントにこだわりたい、紙質にこだわりたい、会場にこだわりたい、香りにこだわりたい、時間にこだわりたい、人数にこだわりたい、価格にこだわりたい…

それこそが「その人らしさ」であり、差別化や独自化の源泉になったり、アイデンティティの確立につながるわけですが、お客様がいる以上、そこにも「矢印の向き」というのは重要になってきます。

早さを求めるお客様に対して「自分の中で納得できないので…」とお待たせするのは次を減らすことにつながり、「6割の完成度でもいいから」というお客様に対して「100点でないと出せません」と言うことは、相手をやきもきさせる原因に。反対に「これという逸品がほしい」というお客様に惰性の品を渡せばそれもまた伝わり、「渾身の表現が見たい」方に「手抜き」を見せれば、それ相応の評価を得ます。

故に、「自分のこだわり」と「お客様のニーズ」とを秤にかけることは忘れずに。そして、そもそもミスマッチを生み出さないように名乗り、小さくても旗を掲げること。いきなり完璧は無理だとしても、どちらの視点も持つことによって唯一無二の、自分だけのバランスが生まれると考えています。

関連記事

  1. ノウハウを手元に残そう

  2. 「ちょっと嬉しい」は「すごく嬉しい」

  3. 参加していない人ほど「残念」だという

  4. レギュラーメンバーさんにオリジナルノベルティをお贈りしました…

  5. 軽やか=頑張らなくていい、ではない

  6. 「何をするか」よりも大切なこと

Profile


株式会社16petales(セーズペタル)代表取締役
長谷川 裕美(はせがわ ひろみ)


2014年にメンタルコーチとして起業(個人事業主)。SNS発信とご紹介のみで、コーチングセッションのキャンセル待ちが100名を超える。これまでの登壇/主催開催/招致セミナー・イベントへの参加者は延べ3000名以上。

現在は、コーチングや写真撮影、各種ディレクションを通して、クライアントの持つ世界や思いを外在化し、目標への現実化のサポートやマネジメントを行う。

また、2019年に「株式会社16petales(セーズペタル)」を立ち上げ、日本の伝統文化のリライトやオリジナル商品販売を行う。現在では国内外に顧客を持つ。


Online Shop

Mail Magazine

  1. 2021.06.18

    相談ばかりしている人は成功しない

  2. 2021.06.16

    オーガニックのものを使うと直観力が上がる

  3. 2021.06.15

    これ以上ないくらいに緩む