日本では大概の日が「いい日」

日本では大概の日が「いい日」

日本に生き、暦やバイオリズムに興味を持つと、実に様々な日が存在していることに気付きます。

一粒万倍日、寅の日、巳の日、天赦日、新月や満月、大安などの六曜、春分や冬至などの節目など。「神社を参拝するなら1日がいい」と言われることもあります。

そう考えていくと、漏れなく毎日が何かしらの意味のある日であり、日本においては大概の日がいい日。

中には「何も成就しないと言われる凶日」である不成就日や仏滅もありますが、そういった日でさえ、別の意味合いが説かれてることもあるので、細かく気にさえしなければ毎日が何かを始めるチャンスだとも言えます。

「いざという時」や「大切なもの故に縁起を担ぎたい時」

その上で。

Mayugraphy Tokyoとのコラボであるアゲートインセンスホルダーについての発売日は、1月28日(木)7時30分を選びました。この日は実は「一粒万倍日」。

この日は別の新商品の発売開始も控えているので、発送スケジュールも加味した上での日程設定となりますが、そういった業務的なお話だけでなく、美しく、素晴らしい商品や思いを送り出すのに最も適した日だと思っての決定。

私自身、そこまで細かく気にするタイプではないのですが、しかし、「いざという時」や「大切なもの故に縁起を担ぎたい時」にはそういった日の持つ勢いを借りています。

自分の背を押してくれるもの

チャレンジをしなければ失敗もせず、恥ずかしい思いもしませんが、チャレンジをしなければ成長も反映も見込めない…

こんなことは古今東西で言われてきましたが、真理の一つだと思っています。それ故に、自信のない時や日にちを決めるのを躊躇う時にも、こういった「その日の持つチカラ」を拝借することがあります。それ自体への理解度や信心度よりも、自分の背を押してくれるものとして捉え、追い風に変えるとでも言いましょうか。

日本は優しい。

関連記事

  1. 何者でもないコンプレックス

  2. どんな人から買いたいか問題

  3. 結果を出している人は懐が深い

  4. 初心にかえって開運を目指そう

  5. 受け取る覚悟

  6. 楽しくいただいている時には太らない

Profile


長谷川 裕美(はせがわ ひろみ)

株式会社16petales(セーズペタル)代表取締役 メンタルコーチ/フォトグラフ

2014年にメンタルコーチとして起業(個人事業主)。SNS発信とご紹介のみで、コーチングセッションのキャンセル待ちが100名を超える。これまでの登壇/開催/招致セミナー・イベントへの参加者は延べ4000名以上。

2019年1月に「株式会社16petales(セーズペタル)」を立ち上げ。

2022年7月より、認定NPO法人 スローレーベルが主催する”SLOW CIRCUS ACADEMY”にて「対話の時間(グループコーチング)」を担当。

現在は、グループコーチングや写真撮影を通して、クライアントの持つ世界や思いを外在化し、より豊かで自由な人生へのサポートを行う。


Online Shop

  1. 2024.01.09

    【満席】【リクエスト企画】Wish Listフィードバッ…

  2. 2023.12.12

    【満席】【パイロット企画】セルフスタディPJT(2024…

  3. 2023.12.05

    「豊かさ」の受け取りや生み出しを妨げていたもの

  4. 2023.12.04

    アンガーマネジメントってなに?

  5. 2023.11.27

    【永久保存版】Wish Listの書き方&活用法

  6. 2023.11.17

    名古屋で11月のリアルPJTを開催しました

  7. 2023.11.13

    【満員御礼】PJT9期の一般募集を開始いたします(11月…