タイ伝統木づち療法 トークセンを受けてみる

初トークセン

現役看護師さんであり、セラピストさんでもある鈴木宏子さんと出逢えってからというもの、ずっと気になっていた『トークセン』。本日は友人と一緒に都内にあるサロンへお伺いさせていただきました。

トークセンとは、

タイ王国のチェンマイで数百年前から伝わってきた全身を木づちで打つタイの伝統療法。
全身に72000 本あると言われているセン( エネルギーライン) を打つことで、全身の巡りを整えることを目的としている

とのこと。

「木づちで身体を打つ…」という言葉が実はすぐにはピンと来ていなかったのですが、以前、ある女性にサっと実演してくださった際、ほんの少しの施術で「鼻が通った!」と
驚かれていたのが衝撃的だったのです。

それからというもの、虎視眈々とこの機を狙っておりました。

そして、緩む

まずは、お友達から施術でしたが、打たれている人を見るのも、打たれている音を聞くのもすごく気持ちよく、速攻でうとうと。また、人体を知り尽くす彼女が大小様々な木づちを打つ様は彫刻家さんかのようでした。

私も90分の施術をしていただいたのですが、肩甲骨の上の筋肉と土踏まずが猛烈に気持ちよく、それはそれは緩み、「力むとは何ぞ…」という状態に。帰り道はいい意味でフニャフニャであり、眠気を堪えながら頑張って帰宅しました。

次回はお顔も打って頂こうと思います。(リフトアップ効果があるのだとか)

石と木づち POHAKU(ポハク)

関連記事

  1. 幸せな一日

Profile


株式会社16petales(セーズペタル)代表取締役
長谷川 裕美(はせがわ ひろみ)


2014年にメンタルコーチとして起業(個人事業主)。SNS発信とご紹介のみで、コーチングセッションのキャンセル待ちが100名を超える。これまでの登壇/主催開催/招致セミナー・イベントへの参加者は延べ3000名以上。

現在は、コーチングや写真撮影、各種ディレクションを通して、クライアントの持つ世界や思いを外在化し、目標への現実化のサポートやマネジメントを行う。

また、2019年に「株式会社16petales(セーズペタル)」を立ち上げ、日本の伝統文化のリライトやオリジナル商品販売を行う。現在では国内外に顧客を持つ。

2021年9月からは美腸セラピストとして、美腸活×疲れにくい脳作り×潜在意識を扱う1dayプログラムも提供する。


Online Shop

Mail Magazine

  1. 2021.10.16

    願いは叶う。ユーモアを交えながら。

  2. 2021.10.14

    問題が外にあると考えるのであれば、その考えこそが問題であ…

  3. 2021.10.11

    好きなものとの出逢い方

  4. 2021.10.08

    人のご縁もあざなえる縄の如し。

  5. 2021.10.06

    私はなぜ、他人の物語を読んでいるんだろう。

  6. 2021.10.04

    新サービス『運気を上げる裏白檀』のご案内