状況に合わせて「それ」は生まれる

怒涛の日々から学んだこと

昨年11月頃から思いもよらぬ出来事が連続し、怒涛とも呼べる毎日を過ごしておりました。

ようやくようやくその状況も落ち着き、心の凹みも戻り(むしろ膨らみ)、「やっぱり世界は美しい」と心の底から思える毎日となりましたが、その中で学んだことがあります。

それは、「状況に合わせて不安は生まれる」「状況に合わせて嫉妬は生まれる」ということ。

Aの道を行っても、Bの道を行っても

例えば、心の底から望んでいた状況や結果に進めなかった時、不安や嫉妬、他者と比較する視点やネガティブな言葉の声、自責/他責が大きくなることがあります。

ネガティブもポジティブも、希望も絶望も、休みたい心も頑張りたい心も、全ては陰陽のように「どちらも」持ち合わせているものですが、(頭では分かっていても)自分を苦しめる思考や循環に身を置いてしまうことがあるのです。悔やんでも仕方がないと分かっていても悔やんだり、「if」を考え続けてしまったり。

しかし反対に、心の底から望んでいた状況になったとしても、今度はそれ故の不安や嫉妬心、苦悩やジレンマが生まれることもあります。

「今の状態は最初に自分が望んでいたこと」であったとしても、実際にそうなってみると、また別のものが見え、別のものが心を過る。

つまり、Aの道を行っても、Bの道を行っても、自分の心が不安や嫉妬に敏感である限り、”それ”はいつまでも生まれ続けるということ。

諦め、手放す

それに気付いてからというもの、なにか一つ憑き物が落ちたように、不安や嫉妬から解放されました。「そんなものなんだな」と諦めがついたとでも言いましょうか。

いや、まだ焦げるような心持ちになる日はあるのですが、

「Aという結果になったら、〇〇の部分にジレンマを感じたり、モヤモヤしそう。故にBが理想だけど、実際にそうなったら××にイラっとするし、その期間も長そう。Cになっても、私はまた張り合うんだろう。つまり、どう進んでも私が視点を変えない限り、無限に何かがある」

とシミュレーションしてみることで、一息つく事が出来ます。

私の敬愛する宇野千代氏が、かつて嫉妬について「世の中の全ての女性と戦ってみなさい。へとへとになって、とても出来ることではないと分かるから」というような旨を本に書いていたのを覚えています。

確かにな、と思い当たる節があるからこそ、「そんなものなのか」と諦め、手放すことが出来る気がします。

関連記事

  1. 数より質/質より数

  2. 私はあの人にはなれないし、あの人は私になれない

  3. 楽しみながら、合理的に学ぶためには?

  4. 世界観は現実に反映される

  5. 脳は思ったことよりも、口に出した言葉を信じる

  6. 友達がいない人生のメリット

Profile


株式会社16petales(セーズペタル)代表取締役
長谷川 裕美(はせがわ ひろみ)


2014年にメンタルコーチとして起業(個人事業主)。SNS発信とご紹介のみで、コーチングセッションのキャンセル待ちが100名を超える。これまでの登壇/主催開催/招致セミナー・イベントへの参加者は延べ4000名以上。

現在は、コーチングや写真撮影、各種ディレクションを通して、クライアントの持つ世界や思いを外在化し、目標への現実化のサポートやマネジメントを行う。

また、2019年に「株式会社16petales(セーズペタル)」を立ち上げ、日本の伝統文化のリライトやオリジナル商品販売を行う。現在では国内外に顧客を持つ。


Online Shop

  1. 2022.06.21

    裏側

  2. 2022.06.19

    能楽ワークショップ 『能楽の音(ね)』

  3. 2022.06.15

    PJTディプロマコースがスタートしました

  4. 2022.06.14

    いざ!

  5. 2022.06.09

    少数派

  6. 2022.05.31

    【6月5日20:00~】「SLOW CIRCUS ACA…

  7. 2022.05.30

    PJT6期の日程のご案内