「ちょっと嬉しい」は「すごく嬉しい」

「ちょっと嬉しい」は「すごく嬉しい」

スタバでドリンク(私はコーヒーが飲めないので、いつもキャラメルスチーマー)を購入した際にくれる、このステッカー。「2杯買った時にだけくれるステッカー」など、色々なパターンがありますね。

「予期していなかったけど」「買うほどではないにせよ」、「貰う」とするなら「ちょっと嬉しい」。分からない人には分からないし、スルーされることも多々あるだろうけれど、数十パーセントの人には必ず残る「すごく嬉しい」。この心の印象は前提部に影響し、何かの際のチョイスも左右していくワケですが、たった一枚のステッカーであったとしても、これらの効力を強く感じています。

そして、これらを企画し、制作し、振り分ける大変さを知るほどに、思惑や思惑やビジョン、人間心理をどう読んだのか?どう想定したのか?が見えてくる。

世界は常にヒントを与え、学ぶ機会を与えてくれています。それに気付くかどうかは、自分の心をキャッチできるかどうかにかかっています。学校や専門的なプロから学ぶメリットがあると同時に、サービスを受ける際に「何が嬉しくて」「何に足が遠のいて」「何に惹かれて」「何に冷めるか」を掬い上げていくだけでも、得られるものは沢山あります。

関連記事

  1. 「何をするか」よりも大切なこと

  2. 子供はいつもマスター

  3. 「平日日中だけ受け付けます」というブランド作り

  4. 一緒にリスクを背負うのに相応しい人たちと手を組む

  5. ネーミングのチカラを知らない者は、転がり続ける

  6. 4年ほど前からはじめた写真のお仕事<その後>

Profile


株式会社16petales(セーズペタル)代表取締役
長谷川 裕美(はせがわ ひろみ)


2014年にメンタルコーチとして起業(個人事業主)。SNS発信とご紹介のみで、コーチングセッションのキャンセル待ちが100名を超える。これまでの登壇/主催開催/招致セミナー・イベントへの参加者は延べ3000名以上。

現在は、コーチングや写真撮影、各種ディレクションを通して、クライアントの持つ世界や思いを外在化し、目標への現実化のサポートやマネジメントを行う。

また、2019年に「株式会社16petales(セーズペタル)」を立ち上げ、日本の伝統文化のリライトやオリジナル商品販売を行う。現在では国内外に顧客を持つ。


Online Shop

Mail Magazine

  1. 2021.07.30

    アウトプットの基本は「賢く」

  2. 2021.07.27

    思考力と検索力

  3. 2021.07.25

    自分の持つ影響力を自覚する