4年ほど前からはじめた写真のお仕事<その後>

セッションをしながら、ずっと思っていたこと

コーチングセッションをしていて、いつも思うことがありました。

「今、お話されている活き活きとしたお姿、内から光源を放つようなこの表情、優しい雰囲気、深いオーラ…
これがそのままSNSやPRに乗ったなら、この方ご自身やこの方のお仕事はもっともっと多くの方の興味を引き必要な方のもとに届きやすくなるのに」

と。

そう思わざる得ないほど、クライアントの皆さまは魅力に溢れていました。

当時から「プロカメラマンやプロフォトグラファーはコンビニより多い」とは聞いていましたが、それでも私は「この表情、煌めきを写真として切り取ることで、クライアントさんのお力になれるのではないか?」という一縷の望みを持ち、カメラを手に取りました。

4年ほど前からはじめた写真のお仕事

そんな経緯を経て、紆余曲折を経て、4年ほど前から始めた写真も現在のお仕事(活動)の一つになっております。

スケジュールの問題から、現在の個人撮影の外部受付はオンラインプロジェクトメンバーさま限定となっていますが、その他の写真の撮影で多いのは「その道の一流」や「その世界の粋を集めた人や場」。

私自身の直感と審美眼、心の声に従って歩いた結果、そのような場所に落ち着きました。

直接の紹介であったり、「あの写真を見て…」とご連絡をいただくことも増え、スタッフ腕章や撮影腕章をつける機会もぐっと増えました。

人様の聖域

そういった際、「その方(業界)の聖地(人生、命、魂)」に足を踏み込んでいる」という感覚が強くあります。

私には想像も出来ないほどの努力や苦悩、血の滲むような思いをされて築かれた世界に足を踏み入れているのだ、と。

私はその真髄を穢さないように、更に追い風が吹くようにと祈りに似た思いで挑んでおります。

関連記事

  1. 完成されたパッケージも、その裏側も見たい

  2. 「何をするか」よりも大切なこと

  3. 集合写真を撮りたくなった

  4. それを他人に強要する時代は終わった

  5. 大切なことは、よく寝て、朝判断しましょう

  6. 自分の望むお客様(状態)を引き寄せる

Profile


株式会社16petales(セーズペタル)代表取締役
長谷川 裕美(はせがわ ひろみ)


2014年にメンタルコーチとして起業(個人事業主)。SNS発信とご紹介のみで、コーチングセッションのキャンセル待ちが100名を超える。これまでの登壇/主催開催/招致セミナー・イベントへの参加者は延べ3000名以上。

現在は、コーチングや写真撮影、各種ディレクションを通して、クライアントの持つ世界や思いを外在化し、目標への現実化のサポートやマネジメントを行う。

また、2019年に「株式会社16petales(セーズペタル)」を立ち上げ、日本の伝統文化のリライトやオリジナル商品販売を行う。現在では国内外に顧客を持つ。

2021年9月からは美腸セラピストとして、美腸活×疲れにくい脳作り×潜在意識を扱う1dayプログラムも提供する。


Online Shop

Mail Magazine

  1. 2021.10.16

    願いは叶う。ユーモアを交えながら。

  2. 2021.10.14

    問題が外にあると考えるのであれば、その考えこそが問題であ…

  3. 2021.10.11

    好きなものとの出逢い方

  4. 2021.10.08

    人のご縁もあざなえる縄の如し。

  5. 2021.10.06

    私はなぜ、他人の物語を読んでいるんだろう。

  6. 2021.10.04

    新サービス『運気を上げる裏白檀』のご案内