軽やか=頑張らなくていい、ではない

自分がされて嬉しいこと

人間関係の基本ではありますが、「自分がされて嬉しいこと」をお相手に対して「先にする」というのは重要な一点だと思います。

お仕事であれば尚のことで、「お客様には『嬉しい』を売りなさい」的な提言や本もあった気がします。例え、思いつく全てが出来なかったとしても、ベストを尽くす努力し続けることで地肩も強くなるのでは、と考えています。筋トレと一緒ですね。少々の負荷がポイントなのです。

軽やか=頑張らなくていい、ではない

風の時代とも言われ、昭和から遠く離れた令和時代にもなり、「根性」「努力」「我慢」から「軽やか」「付き合う人も生き方も自分で選べる」のような提言を耳にする機会が増えました。

私自身も、

「やりがいのある仕事や活動をして、大好きな仲間たちもいて、健康。マウンティングや誇示することで人を群がらせる(従わせる)ことはせず、とにかく軽やかで自由。お金は色々なところから入ってくるし(労働だけがパイプではない)、地球の意図に沿って使えば、より入るし貯まる。自分を大切に、その上であらゆる世界の王たちに可愛い可愛いと愛でられて~…」

などと妄想(未来予知)しては楽しみ、その周波数でいることをスタンダードにしているのですが(笑)、しかし一方では「軽やか=頑張らなくていい」ではないと思っています。

しっかり手も動かすし、時に睡眠時間を削るし、筋肉痛にもなります。やる時にはやるし、言う時には言うし、NOと言う時にはNOと言う上で「頑張るし、休憩もとる」「イメージングするのと同じ量だけ、主体的にも動く」イメージ。もちろん、辞める(止める)選択肢、変える選択肢もあります。

けれど、現実化・具現化のためには情熱(念力)と行動とは、常に釣り合わなければならないとも。これは聞いた言葉でもあり、実感でもあります。

提言を鵜呑みにしない。見える部分だけを鵜呑みにしない。

色々な提言がありますが、大切なのはそれを鵜呑みにしないこと。その言葉の真意を掴むこと。また、見える部分だけを鵜呑みにしないこと。

すごい人ほど謙虚であり、「自分はただ運がよかった」などと言うのは、よりすごい人達を見続けているからだと思います。

 

関連記事

  1. いつまでも元気だと思うな、親と家電

  2. オンリーワンになる方法

  3. そのこだわりは誰のためか

  4. 「ない仕事」を発展させる

  5. 磨くなら『日常』と『いつもの仕事』

  6. 4年ほど前からはじめた写真のお仕事<その後>

Profile


株式会社16petales(セーズペタル)代表取締役
長谷川 裕美(はせがわ ひろみ)


2014年にメンタルコーチとして起業(個人事業主)。SNS発信とご紹介のみで、コーチングセッションのキャンセル待ちが100名を超える。これまでの登壇/主催開催/招致セミナー・イベントへの参加者は延べ3000名以上。

現在は、コーチングや写真撮影、各種ディレクションを通して、クライアントの持つ世界や思いを外在化し、目標への現実化のサポートやマネジメントを行う。

また、2019年に「株式会社16petales(セーズペタル)」を立ち上げ、日本の伝統文化のリライトやオリジナル商品販売を行う。現在では国内外に顧客を持つ。


Online Shop

Mail Magazine

  1. 2021.07.30

    アウトプットの基本は「賢く」

  2. 2021.07.27

    思考力と検索力

  3. 2021.07.25

    自分の持つ影響力を自覚する