目の前にある答えから学び、1000年先を見据える

権力と感性、最高の技術と精神性を詰め込んだかのような大胆かつ繊細な空間

先日、車に乗って家族で奈良に行って参りました。

初めての奈良、初めての奈良公園、初めての奈良の薬膳料理、初めての東大寺、初めての大仏さん…

なぜにこんなにも奈良に対して「初」があるかというと、登校拒否などをしていた時期と授業で奈良について学んだ時期(修学旅行)とが見事に重なっていた?説が有力なのですが、初めての東大寺は権力と感性、最高の技術と精神性を詰め込んだかのような大胆かつ繊細な空間でした。

丈六

「大仏はなんでこんなに大きいんだろうか」と東大寺のホームページを見ると、

・シルクロードの東西交易路に沿った中央アジアなどで、交易の経済的な繁栄によって富を得た王侯貴族らが巨大仏像を造る願主となり、弥勒信仰とあいまって多くの巨大仏が造られた
・「十」という数字が宇宙に拡大出来る特別の数字であることから、仏像の基本寸法である丈六(じょうろく)を十倍したものと考えられる・仏教が発祥したインド内において巨大な仏像(10m以上)が造られた例は殆どない
・仏教が発祥したインド内において巨大な仏像(10m以上)が造られた例は殆どない

なのですね。

廻廊内、大仏殿内での撮影は自由という懐の大きさにも感銘。

目の前にある答えから学び、1000年先を見据える

また、法隆寺、東大寺、薬師寺、興福寺など100カ寺以上の国宝建造物の修復に従事された宮大工の瀧川 昭雄氏がインタビューで「目の前にある答えから学び、1000年先を見据える」というお話をされていたのですが、文化や歴史や神髄を連綿と伝え続けてくださるおかげで、多子相伝的な恩恵の一端を私までもが受けております。

関連記事

  1. 数奇屋造りの定宿へ

  2. 慈愛に満ちた染み入るようなもの

  3. 運気と匂いの密接な関係

  4. 奈良の鹿さん

  5. 飛騨高山でお篭り

  6. 贅沢かつ大人な時間の使い方

Profile


株式会社16petales(セーズペタル)代表取締役
長谷川 裕美(はせがわ ひろみ)


2014年にメンタルコーチとして起業(個人事業主)。SNS発信とご紹介のみで、コーチングセッションのキャンセル待ちが100名を超える。これまでの登壇/主催開催/招致セミナー・イベントへの参加者は延べ3000名以上。

現在は、コーチングや写真撮影、各種ディレクションを通して、クライアントの持つ世界や思いを外在化し、目標への現実化のサポートやマネジメントを行う。

また、2019年に「株式会社16petales(セーズペタル)」を立ち上げ、日本の伝統文化のリライトやオリジナル商品販売を行う。現在では国内外に顧客を持つ。


Online Shop

Mail Magazine

  1. 2021.06.18

    相談ばかりしている人は成功しない

  2. 2021.06.16

    オーガニックのものを使うと直観力が上がる

  3. 2021.06.15

    これ以上ないくらいに緩む