「水墨画のよう」と称される九十九湾の美しさ

能登半島の水族館

今日は朝4時に自宅を出発し、9時間+αをかけて車移動し、能登半島の九十九湾にある百楽荘にお泊り。

「水墨画のよう」と称される九十九湾はあいにくの雨模様ですが、雨に濡れた美景と自然の香りを楽しみ、ゆとりを追求した空間に癒されまくり。九十九湾では桜が見頃でした。

雨を楽しむ

こちらへの宿泊目的は「宿泊者限定の釣り桟橋」でしたが、この雨に娘も釣りを諦めて“まったり”モードに。ゆったりと湯治を愉しみ、ひたすらのんびり。

こうした時間の有難さを感じられるのは、日々、大なり小なり負荷を受けながらお仕事し、生活を運営しているから。だからこそ、このひと時の価値を余すことなく感じることが出来るのかなと思うと、漂う粒子の一つ一つにさえ感謝の念が沸き上がります。降る雨さえ美しい。

今回も人に会わず、密やかに旅します。

関連記事

  1. 日光を見ずして結構と言うなかれ

  2. 飛騨高山でお篭り

  3. 贅沢かつ大人な時間の使い方

  4. 数奇屋造りの定宿へ

  5. 奈良の鹿さん

  6. 新緑の白川郷

Profile


株式会社16petales(セーズペタル)代表取締役
長谷川 裕美(はせがわ ひろみ)


2014年にメンタルコーチとして起業(個人事業主)。SNS発信とご紹介のみで、コーチングセッションのキャンセル待ちが100名を超える。これまでの登壇/主催開催/招致セミナー・イベントへの参加者は延べ3000名以上。

現在は、コーチングや写真撮影、各種ディレクションを通して、クライアントの持つ世界や思いを外在化し、目標への現実化のサポートやマネジメントを行う。

また、2019年に「株式会社16petales(セーズペタル)」を立ち上げ、日本の伝統文化のリライトやオリジナル商品販売を行う。現在では国内外に顧客を持つ。


Online Shop

Mail Magazine

  1. 2021.05.08

    生産性と創造性を上げるスローライフ

  2. 2021.05.06

    オンラインプロジェクト4期(2021年7月~12月)のご…

  3. 2021.05.05

    飛騨高山でお篭り