全ての呪縛を解く言葉

心の奥底にある本音が叶う。が…

日々のお仕事や活動、ひいては今世をどう全うしようか?今に何を注ぎ込もうか?に至るまで、大切にしている考え方があります。

それは、「在り方」と「具体的な目標やタスク」をどちらも大切にすること。私の中では「両輪」としています。

「どう在るか?」は非常に大切ですが、それだけでは現実は前進しにくく、風任せになってしまうことも。それに対して「具体的な目標やタスク」をこなしていくことで物事は前進・変化していくことがやっぱり多い。多い反面、世界の状態や体調など外的要因に左右されることも多く、こちらだけに寄りかかってしまうと、それが出来なくなったり変更せざる得ないような時に、心が折れてしまったり、立て直しに時間がかかってしまうことも。

故に、どちらも大切であり、私の中では両輪そのものと位置づけしています。

そして、それらを扱う時に必要なのはバランス感覚であり、柔軟で軽やかな「どうにかなるさ」な精神だと思っています。それを養い、常に良い状態にするために行きついた方法は、実際に柔軟やストレッチをすること。瞑想すること。

結局、行きついた先は「心と体は繋がっている」「共に影響を受ける」という至極シンプルな結論でした。けれど、効果は抜群!

本音や本心に「ポーズ」は通じない

とは言っても、です。そんな教科書にあるようなことが全てか?というと少し違い、その前提となる部分があります。

それは「心の奥底にある本音が叶う」ということ。

何を言っても、何を学んでも「本当は仕事したくない」と思っていればそれが現実となり、「本当はお客様の相手をすると疲れる。好きじゃない」であるなら、感謝だなんだと言っても、その成分が漏れ出し現実を形成します。

本音や心の中に、「ポーズ」は通用しませんね。世界に向けて、社会に向けて、ある人に向けて完璧なポーズが取れていても、心の中が荒めば顔や所作に出ますしね。それも実体験済。それを理解出来ずに、ノウハウや行動目標だけに的を絞っては自分を苦しめたものです。

全ての呪縛を解く言葉

その上で、大好きなタモさんの師匠である赤塚不二夫氏の「それでいいのだ」という言葉を心に、<今ここ>を光で照す毎日です。

時間の前後を断ち切って、今ここを全肯定することは希望そのもの。諦観、諦めともいえるかもしれません。けれど、だからこその「その上で、どうする?」。

そんな中、昨日はマイカーの側面を思い切り擦ってしまいました。でもでも、それでいいのだ。相手は壁。しかも、擦れている跡がめちゃくちゃあるから、これまで何十人も同じことをやってきた個所。人や動物相手じゃなくてよかった。なるようにしかならん!

思考を次に進めます。

関連記事

  1. やったことのない人/今後もやる予定のない人ほど口を出す

  2. 一次試験は”くじ引き”で

  3. 女性は「呼ばれ方」で顔が変わる

  4. ずっとやりたかった事をやってみる

  5. アウトプットの基本は「賢く」

  6. 無邪気でいることが人生を動かす第一歩

Profile


株式会社16petales(セーズペタル)代表取締役
長谷川 裕美(はせがわ ひろみ)


2014年にメンタルコーチとして起業(個人事業主)。SNS発信とご紹介のみで、コーチングセッションのキャンセル待ちが100名を超える。これまでの登壇/主催開催/招致セミナー・イベントへの参加者は延べ3000名以上。

現在は、コーチングや写真撮影、各種ディレクションを通して、クライアントの持つ世界や思いを外在化し、目標への現実化のサポートやマネジメントを行う。

また、2019年に「株式会社16petales(セーズペタル)」を立ち上げ、日本の伝統文化のリライトやオリジナル商品販売を行う。現在では国内外に顧客を持つ。

2021年9月からは美腸セラピストとして、美腸活×疲れにくい脳作り×潜在意識を扱う1dayプログラムも提供する。


Online Shop

Mail Magazine

  1. 2021.09.26

    <シーン別>書き出しのコツ

  2. 2021.09.24

    欲しいものは欲しいと望んでこそ手に入る

  3. 2021.09.23

    【9/25】無理せず継続して仕事を発展させる

  4. 2021.09.21

    寵愛を根付かせる

  5. 2021.09.20

    お線香の保存方法

  6. 2021.09.19

    公式LINEをスタートしました