心の栄養を蓄える

頑張るだけでは枯渇する

私には9歳の娘がいるのですが、彼女を見ていても思うことがあります。それは「頑張るだけでは枯渇する」ということ。

これは私自身にも言えることですが、タイムマネジメントやタスクマネジメントをして効率よく結果に繋げる動きをしたとしても、心が満たされないことが多いのです。決めた時間に決めたことをし、思っていた結果やビジョンに近付けたとしても、そこに満足感や達成感を得られるのは(私の場合は)数日のこと。

目標達成も楽しいのですが、ほとほと「目標達成型」ではないのです。

故に、実質的な部分や結果だけを見続けていくと、上手くいってもいかなくても疲れが取れず、なんだか萎びており、潤いが減っていきます。

心に余裕と弾力を

正直、人の話を聞くにも、人の心に寄りそうにも、心に余裕と弾力がないと出来ないこと。子供の表情や機微をキャッチするにも、流れる空気を掴むにも同様ですし、誰かを応援・協力・参画するにも、人を支えるにも同じこと。新しいメニューを構築するにしても、仕組みを作るにしても例外はありません。

それらがないと、自分が正義だと勘違いして正論を振りかざしてしまったり、一方的になってしまたり、声の大きさ・強さで押し切ってしまう羽目にもなりますし、「類とも」の法則によって、似た目をした人に囲まれることになります。

よって、何はともあれ心に栄養を与えること。自分の心がフラットになるよう心掛けること。心に余裕と弾力を持つこと。私は音のない時間/瞑想/良い香り/美しい日本語や言い回しに触れる/手帳タイム/睡眠/家にお花を飾る/花鳥風月を愛でる…がそれにあたります。

男性には男性のやり方があるように、女性には女性のやり方があります。そして、男性性と女性性のバランスの良い人が支持される時代になりました。

関連記事

  1. 「慣れていく」過程を経験する

  2. 未来を味方につけるスケジューリング

  3. 無邪気でいることが人生を動かす第一歩

  4. 自分の変化に逆らわない

  5. 友達がいない人生のメリット

  6. 「与える人」は本当に豊かになるのか?

Profile


株式会社16petales(セーズペタル)代表取締役
長谷川 裕美(はせがわ ひろみ)


2014年にメンタルコーチとして起業(個人事業主)。SNS発信とご紹介のみで、コーチングセッションのキャンセル待ちが100名を超える。これまでの登壇/主催開催/招致セミナー・イベントへの参加者は延べ3000名以上。

現在は、コーチングや写真撮影、各種ディレクションを通して、クライアントの持つ世界や思いを外在化し、目標への現実化のサポートやマネジメントを行う。

また、2019年に「株式会社16petales(セーズペタル)」を立ち上げ、日本の伝統文化のリライトやオリジナル商品販売を行う。現在では国内外に顧客を持つ。

2021年9月からは美腸セラピストとして、美腸活×疲れにくい脳作り×潜在意識を扱う1dayプログラムも提供する。


Online Shop

Mail Magazine

  1. 2021.10.21

    最も豊かな人は、勝ち組・負け組の概念を持たない人

  2. 2021.10.16

    願いは叶う。ユーモアを交えながら。

  3. 2021.10.14

    問題が外にあると考えるのであれば、その考えこそが問題であ…

  4. 2021.10.11

    好きなものとの出逢い方

  5. 2021.10.08

    人のご縁もあざなえる縄の如し。

  6. 2021.10.06

    私はなぜ、他人の物語を読んでいるんだろう。