お仕事/生活/自分の時間

愛でる

4月にお迎えしたミニ盆栽の長寿梅ですが、最近、二度目の蕾がつきました。

長寿梅は、冬になって全ての葉が落ちても花が咲いたりするようなので、四季折々の変化が楽しみでもあり、初盆栽が元気に過ごしてくれていることも幸せ極まりなし。

また、少し前には自宅で一人、黒松の植え替えと苔盆栽制作を行いました。

自宅には観葉植物がありますが、しかし特に何も手をかけていなかったので、「色々と調べ、諸先輩方の体験談を聞き、園芸店に出向き、最も適していると思われる物資/物量を購入する」というのは、どこをとっても初体験ばかり。

一つ一つ手を動かし、あーだこーだと成果と課題を感じ、成長を見守る楽しみは日々を豊かにしてくれます。

同じ時からスタートした盆栽仲間さんたちとの日々の情報交換も楽しいですし、植物を愛でる方々とのお話も楽しく、世界が広がる毎日。いつか盆栽鉢を作るような体験もしていみたいと夢想しています。

ライフワークバランス

私はお仕事が好きですし、お仕事をするなら「出来る」「出来ている」を望みます。お仕事だけでなく、何らかの活動においても「やるなら結果を出したい」し、「自分の美意識に泥を塗るようなことはしたくない」と思うタイプです。

そういった気質もあってか、長らく「仕事とプライベート(仕事以外の日々の生活)」という二本軸で現在/未来をイメージし、過去を振り返っていたのですが、しかし、「仕事」だけでなく、「日々の生活」だけでなく、「自分(一人)の時間」の充実も大切だということに、40歳手前で気付きました。

いや、これまでもそういった軸は認識していたのですが、その本質に本当の意味で気付けたのがつい最近なのです。

そのくらい成果主義だったとも言えますし、必死だったとも言えますし、その時の私にとっての真実や価値観はそこにあったのです。(それがあったから今があるので、良し悪しではない)

が、新しい価値観や変化変容において、引き金となったのは「盆栽さんたちとのコミュニケーション」から成る大いなる癒し。この年齢になって「日常の中に癒しがあるってこういうことか」と知るのでした。(反対にいうと、これまでは日常を運営してはいたものの、本当の意味での癒しはなかった)

新たに見えてくるもの

そう考えると、娘の生活にしても同様です。

「学校」と「家での生活」の二つがあればいいのか?と言えばそうではなくて、絵を書いたり、漫画に集中したり、自分のスペースでぼーっとしたり、お友達と遊んだり…という「自分の時間」がとても大切。そこで内外とのバランスを取っている節もあります。

というか、誰にとってもそう。

竹で割ったような考え方や、白黒二つの世界はある意味で楽ちんですが、新たなる視点や距離感を獲得したこの頃です。

そして、次の課題へ

我が家は海沿い/東向き/水平線から遮るものが一切なしの環境のため、盆栽を置いているバルコニーは早い時間から焦げるような暑さとなります。

実際、盆栽台の表面温度は朝の時点で50度を超え、盆栽鉢は熱々に…

早急に遮光対策を練るべく、あれこれを動いております。というのも、海風に耐えられる強度でないと、窓ガラスを割ったり、周囲の方に迷惑をかけたり、盆栽に引っかかったり、鉢を落としたり…と、良かれと思って設置した遮光対策物が元凶に成り兼ねないのです。

が、この手間のかかる感じがまた楽しく、いいリフレッシュにもなってくれています。

関連記事

  1. 「文化のある生活」がしたい

  2. 夢の中より夢心地

  3. 国立能楽堂へ

  4. 【受付終了】3月10日(水)はオンラインでお能トークを開催

  5. 新春能

  6. 宮島 大聖院で撮影させていただきました

Profile


株式会社16petales(セーズペタル)代表取締役
長谷川 裕美(はせがわ ひろみ)


2014年にメンタルコーチとして起業(個人事業主)。SNS発信とご紹介のみで、コーチングセッションのキャンセル待ちが100名を超える。これまでの登壇/主催開催/招致セミナー・イベントへの参加者は延べ3000名以上。

現在は、コーチングや写真撮影、各種ディレクションを通して、クライアントの持つ世界や思いを外在化し、目標への現実化のサポートやマネジメントを行う。

また、2019年に「株式会社16petales(セーズペタル)」を立ち上げ、日本の伝統文化のリライトやオリジナル商品販売を行う。現在では国内外に顧客を持つ。


Online Shop

Mail Magazine

  1. 2021.06.18

    相談ばかりしている人は成功しない

  2. 2021.06.16

    オーガニックのものを使うと直観力が上がる

  3. 2021.06.15

    これ以上ないくらいに緩む