黒松の<M>

種まき!

昨日、いただきものの黒松の種を6粒ほどプランターに撒きました。

若干、季節外れではあるのですが、8粒の種を水につけたところ(約24時)、6粒の種が沈みました。その沈んだ種だけを蒔きます。

ここのところ地味にハードワークだったので、こういった自然との触れ合い時間は心をホッとさせてくれます。

私だけ方向性が違う

盆栽、着付け、香り、お能/狂言…など、どうにも家族(主人と娘)と趣味嗜好が被らないのですが(私だけ方向性が違う)、けれど、それらは誰と迎合するでもなく、比べるでもなく、「私の癒し、楽しみ、刺激、安らぎ」でよい。共通してもよいし、しなくてもよい。

そのように感じる毎日です。

※娘も黒松には思い入れがあるので、色々とお手伝いをしてくれました。

made in Hiromi Hasegawa

今回の黒松さんが育ったら、私自身のスキルアップや理解はもちろん、<made in Hiromi Hasegawa>としてあれこれ妄想が膨らみます。

※プランターなどは、娘と一緒に100円ショップに行った際に揃えたものですが、そのままでは殺風景なのでフォトスポット的なシンボルをつけてみました。
(取り外し可)

※黒松なので<K>という説もありますが、ここは敢えて松をとって<M>です。

関連記事

  1. 素敵な女性たちと『能楽の音』へ

  2. 新春能

  3. お能トークをサポートさせていただきました

  4. 今日は半幅帯でお太鼓風

  5. 今夜(3/8)は、和文化好きな人たちと繋がる会

  6. 夢の中より夢心地

Profile


株式会社16petales(セーズペタル)代表取締役
長谷川 裕美(はせがわ ひろみ)


2014年にメンタルコーチとして起業(個人事業主)。SNS発信とご紹介のみで、コーチングセッションのキャンセル待ちが100名を超える。これまでの登壇/主催開催/招致セミナー・イベントへの参加者は延べ3000名以上。

現在は、コーチングや写真撮影、各種ディレクションを通して、クライアントの持つ世界や思いを外在化し、目標への現実化のサポートやマネジメントを行う。

また、2019年に「株式会社16petales(セーズペタル)」を立ち上げ、日本の伝統文化のリライトやオリジナル商品販売を行う。現在では国内外に顧客を持つ。


Online Shop

Mail Magazine

  1. 2021.09.19

    公式LINEをスタートしました

  2. 2021.09.17

    もっと受け取り上手になる方法

  3. 2021.09.15

    2022年の手帳が届きました