満席を目指すと、満席になりそうなものしか作れない

お金は大事。これは確か。

お仕事をする上では、『お金を得ること』から目を反らしている場合ではないと思います。

お金はお仕事をする上での体力。血液。命そのもの。

表現方法は沢山ありますが、呼吸をし続けるために必要不可欠だと言えます。私自身もそれは痛感していて、利益があるから出来ることがあり、会社に現金があるから出来ることもあります。

故に、売れるものを売っていくこと、売れそうなものを仕掛けていくことは非常に有効ですし、心理を読み、合理を説くことも重要。お付き合いする相手も「誰でもいい」とは思いません。

大いなるジレンマ

それと同時によく思うのは、「満席を目指すと、満席になりそうなものしか作れない」ということ。

売れそうなものを優先していくと、「そんなに売れないかもしれないけれど、本当はやりたいこと」を横に置くことになります。売れるものに限定していくと、「マスには響きにくかったとしても、本当に探究したいもの」を下げることになります。

マーケティング結果を取り入れすぎると、それと同じことをした他者(他社)と「似たようなもの」を作る結果になります。

ファッションと同じで、いかにオシャレで最先端だとしても、それを着た人ばかりの街に出たら埋もれるしかないのです。

直観と美意識

もちろん、「好きなことはプライベートや趣味で追及すればよいし、それを実現するためにお仕事してお金を作る」という考え方もありますが、個人的には「そんなに時間って、ある?」とも思います。正直、お仕事をして子育てをして家事をしていると、時間セレブとは程遠い日も。

だからと言って「誰も分かってくれなくてもいい!」「お金なんていらない!」「私がよければいい!」というのはちょっと違うし、私の中の正義はそこにはありません。

そして、万人の正解などないことも分かっているので、自分なりの理想と現実、情熱と冷静の間にある折衷点を見つけるために、自身の直感と美意識に頼っています。(数字やデータは受け止めつつ、補助的な役割)。

直観と美意識を鍛えていくためには様々な経験をし、本物になる旅をするしかないと思うのですが、日常でいうと「セルフコーチング(自分と向き合う)」「香り」「植物」。

そして、必要な時に「プロ」のチカラ。

あくまで「自分の直感と美意識」を研ぎ澄まし、育んでいくことで、自分自身への信頼も重ねています。

 

関連記事

  1. 一緒にリスクを背負うのに相応しい人たちと手を組む

  2. 4年ほど前からはじめた写真のお仕事<その後>

  3. 本当に強い女性はフェミニン

  4. いつまでも元気だと思うな、親と家電

  5. 磨くなら『日常』と『いつもの仕事』

  6. トンボ展で受賞できるのは、トンボの絵

Profile


株式会社16petales(セーズペタル)代表取締役
長谷川 裕美(はせがわ ひろみ)


2014年にメンタルコーチとして起業(個人事業主)。SNS発信とご紹介のみで、コーチングセッションのキャンセル待ちが100名を超える。これまでの登壇/主催開催/招致セミナー・イベントへの参加者は延べ3000名以上。

現在は、メンタルコーチング、グループコーチング、写真撮影、各種ディレクションを通して、クライアントの持つ世界や思いを外在化し、目標への現実化のサポートやマネジメントを行う。

また、2019年に「株式会社16petales(セーズペタル)」を立ち上げ、国内外に顧客を持つ。


Online Shop

Mail Magazine

  1. 2020.10.26

    【先行メルマガにて満席となりました】オンラインプロジェク…

  2. 2020.08.19

    ホームページを制作しました