オリジナルでワークノート(冊子)を作っています

オリジナルノートを制作中

こちらでも書きましたが、現在、オンラインプロジェクト4期(7月開催/募集は5月を予定)に向けて、オリジナルノート作りに着手しています。

ある出来事をキッカケに「紙媒体の物質化」に熱が入り、突然スタートいたしました。

プロジェクトはオンラインですし、郵送となるとご住所も聞かねばならず、PDF配布を望まれるお客さまもいらっしゃるのでは…とも思ったのですが、それも加味した上でプロジェクトへのお申し込みをご検討いただければと思う4期です。

唯一無二

何を制作するにしても、

・目的やコンセプト
・予算との折り合い
・販売価格との折り合い
・制作期間と納期の折り合い

…などがありますが、今回については「デザイナー」さんの存在がなによりも大きなものでした。

今回は、私の起業前夜からブランディングや方向性など、あらゆる面でチカラを貸してくださっているデザイナーの美しい女性が引き受けてくださったから進んだ節も。正直、彼女がNGであったのなら制作中止/延期にしようと決めていました。そのくらい、彼女のエネルギーでないとならないと感じたのです。

彼女との出逢いは7年ほど前になりますが、「ロゴや名刺、アメブロヘッダーなどを作ってくれる人は…」とネット検索した中で、何故か一番最初に彼女がヒットしたのです。その時点から他の選択肢がなくかったのを覚えています。

また、気付けば2月3日の立春の日に彼女にlineで相談し、当日にOKをもらい、そこから3回のオンライン打ち合わせを経て、最終原稿の提出の完了につながりました。

そして、原稿提出日は一粒万倍日の2月27日(昨日)

暦が全てだとは思いませんが、何かがトントン進む時というのは、なぜだかそういったお日柄に結びついていることが多々あります。

ページ数に限りがあるため、入れられる文章や言葉にも制限がありますが、その中で「私たちに必要な言葉、観点は何だろう?」と、一言一言丁寧に綴りました。

100%の純度を

7月から使うのにどうしてこんなにも早く進めているか?と言うと、紙媒体になった際の仕上がりや質感をしっかりチェックしたいから。ここに時間を割きたいと考えています。

また、正直なところ予算には上限もあるので、初回となる今回でやりたいことが全て出来るかは分かりませんが、反対に「老若男女に広く!」とも思っていないので「フツー」「無難」に陥ることもなく、私の世界やプロジェクトで大切にしていること、デザイナーさんのエネルギーをど真ん中に据えて作ることが出来ます。

ただ一つ明確なのは、ワークや内観は機械的にやっても意味がないということ。

現時点では一般発売をするか、するにしてもどういった形をとるのかは不明ですが、価値あるものを作るべく精進いたします。

関連記事

  1. オンラインプロジェクト一期が無事終了しました

  2. オンラインだったのに、ほんとにあったかくて。

  3. プロジェクト限定ランチ会@京都

  4. もっと赤裸々に話す

  5. オンラインプロジェクト 春の交流ランチ会が終了しました

  6. 保護中: オンラインプロジェクト<三期>メンバー

Profile


株式会社16petales(セーズペタル)代表取締役
長谷川 裕美(はせがわ ひろみ)


2014年にメンタルコーチとして起業(個人事業主)。SNS発信とご紹介のみで、コーチングセッションのキャンセル待ちが100名を超える。これまでの登壇/主催開催/招致セミナー・イベントへの参加者は延べ3000名以上。

現在は、コーチングや写真撮影、各種ディレクションを通して、クライアントの持つ世界や思いを外在化し、目標への現実化のサポートやマネジメントを行う。

また、2019年に「株式会社16petales(セーズペタル)」を立ち上げ、日本の伝統文化のリライトやオリジナル商品販売を行う。現在では国内外に顧客を持つ。


Online Shop

Mail Magazine

  1. 2021.04.09

    オンリーワンになる方法

  2. 2021.04.08

    リトリート合宿はもう少し延期

  3. 2021.04.07

    それを他人に強要する時代は終わった