ネーミングのチカラを知らない者は、転がり続ける

中身が大事!

私は昔からネーミングのセンスがありません。「ありません」というか、苦手が故に「大事なのは中身だ!」という論調に走り、箸にも棒にも掛からぬ安易な名前を付けては自他をガッカリさせます。

ブランディングや魅せ方、見た目も重要ですが、基本的には「中身でしょ!」に行きつくのです。

また、「名付ける事よりもコピーを書く方が断然好き!」という個人の特性も大きく影響を及ぼしていると思います。

そんな中、「稚ブリ」を買ってみる

そんな中、いつものスーパーに夕食の食材を買い出しにいくと、鮮魚コーナーで「稚ブリ」の切り身を販売していました。

稚鮎、仔牛、仔羊…

「稚」や「仔」のつくものは美味しい!とインプットされている私は意気揚々と稚ブリを購入。それを照り焼きにし、自慢げに食卓に並べるのでした。

が、よくよく考えてみると、ブリは出生魚。つまり「稚ブリ」=「イナダ」。私はイナダを喜々として買ったのでした。

そこで思うわけです。「イナダと言われていたら、果たしてソレを買っていたのか?」と。

答えは簡単、「買っていない」の一択です。イナダに罪はありませんが、私は「稚ブリ」という名に惹かれたのです。

侮れないよ、何事も。

何にしても、ネーミングは侮れません。ネーミング如何で売れるものが売れなくなったり、そこそこのものが爆発的にヒットしたりします。ドラマや映画、商品名の会議でも、ネーミング自体よく、更に3-4文字に略せる名前をいくつも並べたりします。そこにコピーライターや代理店が加わることもザラ。

かと言って、名前だけが良ければいいのか?と言えばそうではなく、「名前も中身(内容)もいい!」に越したことはありません。

自分の稚拙さを身にもって痛感することで、この世の仕組み、心の仕組みを学んでおります。

関連記事

  1. 磨くなら『日常』と『いつもの仕事』

  2. トンボ展で受賞できるのは、トンボの絵

  3. 自由に使えるお金を何に使う?

  4. 大切なことは、よく寝て、朝判断しましょう

  5. いつまでも元気だと思うな、親と家電

  6. 本当に強い女性はフェミニン

Profile


株式会社16petales(セーズペタル)代表取締役
長谷川 裕美(はせがわ ひろみ)


2014年にメンタルコーチとして起業(個人事業主)。SNS発信とご紹介のみで、コーチングセッションのキャンセル待ちが100名を超える。これまでの登壇/主催開催/招致セミナー・イベントへの参加者は延べ3000名以上。

現在は、メンタルコーチング、グループコーチング、写真撮影、各種ディレクションを通して、クライアントの持つ世界や思いを外在化し、目標への現実化のサポートやマネジメントを行う。

また、2019年に「株式会社16petales(セーズペタル)」を立ち上げ、国内外に顧客を持つ。


Online Shop

Mail Magazine

  1. 2020.08.19

    ホームページを制作しました