ツールやアイテムの先にあるもの

最近は、暇さえあればホームページやECサイトを触っています

最近は、暇さえあればホームページやECサイトを触っています。

現在、私が直接的に手を入れているものは私自身のものが2つ、それ以外に1つですが、

「ここをこうしたいなー」
「あの機能を入れたいなー」
「もっとこっちの面を推すかなー」
「あんなアプリ開発しようかなー」

と、イメージが膨らみます。

お仕事で参画しているサイトはいくつかありますが、当然、好き勝手/自由気まま手を加えていいわけではないため、好き好きに手を入れられるサイトの存在は楽しくて仕方ありません。

そのために、一番大切なこと

私はホームページやシステムのプロではありませんが、その道のプロたちのお話は常に勉強になり、魅了されるばかりです。

しかし、そんな中でも私が一番大切にしているのは

「自分がそのサイトを見たいこと」
「見ていて心地よいこと」
「違和感を感じないこと」

の3つ。

例え、システム的にイマイチであったり、導線が不十分であったとしても、です。

どうしたって「見たくないものは見ない」ですし、「気に入っていないものに愛着は湧かない」ですし、「気長に育てる」気にもなりにくいから。

同時に、ホームページやECサイトだけでなく、ブログのヘッダー、FacebookやYouTubeのヘッダー、noteにしても、

「素敵!でも、作ったまま放置されているのが見てとれる」
「最近触ってないな!」

というものが沢山ある中で、「いつ/誰が/何を比較しに来ても焦らないサイト」を持つことには、やっぱり価値がある。

故に、少しずつでも厚みを出し、旬も取り入れ、マイナーチェンジを繰り返し、じっくり育てていこうと思います。

ツールやアイテムの先にあるもの

そうは言っても、ツールやアイテム自体は時代と共に変化します。これはもう必ず。

よって、SNSやサイトを使い、PCやスマホで仕事をする身ではありますが、ツールやアイテムそのものを見るのではなく、人間の心理と合理を意識しています。

関連記事

  1. メルマガのみの限定配信動画

  2. 作り手や発信者側が思うほどには「違いを感じてもらえない」

  3. 美的な世界を「秒」で撮る

  4. 自分の投稿は、多くの人の『優先順位第1位』ではない

Profile


株式会社16petales(セーズペタル)代表取締役
長谷川 裕美(はせがわ ひろみ)


2014年にメンタルコーチとして起業(個人事業主)。SNS発信とご紹介のみで、コーチングセッションのキャンセル待ちが100名を超える。これまでの登壇/主催開催/招致セミナー・イベントへの参加者は延べ3000名以上。

現在は、メンタルコーチング、グループコーチング、写真撮影、各種ディレクションを通して、クライアントの持つ世界や思いを外在化し、目標への現実化のサポートやマネジメントを行う。

また、2019年に「株式会社16petales(セーズペタル)」を立ち上げ、国内外に顧客を持つ。


Online Shop

Mail Magazine

  1. 2020.08.19

    ホームページを制作しました