ずっとやりたかった事をやってみる

遂に購入してみました

私自身はここ10年ほどショート~ショートボブの間を行ったり来たりしていますが、実はミディアム~ロングの時期も長くありました。

が、元来の髪質がサラサラストレートということもあり、それに驕ってヘアアレンジの技術が非常に乏しい今を迎えています。

娘もその髪質を受け継ぎサラサラストレートなのですが、私の技量故に髪を結ぶのに時間がかかり、時間がかかったわりにやり直し率も高い現実を生きるはめに。

(私に出来るのは、高い位置 or 低い位置のポニーテルか、ツインテールか、中途半端な三つ編みのみ。しかも、どれも崩れやすい)

また、娘はそもそもじっとしているのが嫌いなのでヘアアレンジ練習にも付き合ってもらえないので、ヘアアレンジ練習用のマネキンを購入してみました。

これを使って「早く」「くずれにくく」「かわいい」ヘアアレンジを覚えます。

これは、愛ではない

しかし、これは実は私自身が「本当はやりたかったけど、なんだかんだ言い訳をしてやらなかったこと」です。

子供の時も思春期も、密かに、けれど強烈にいヘアアレンジの上手なオシャレな女子に憧れていたのです。

しかし、

・アレンジしにくい&すぐに崩れるサラサラストレートな髪質
・不器用な
・コンプレックス
・やり方が分からない
・誰も教えてくれない

せいにし、可愛くなることやオシャレになること、ヘアアレンジ練習をすることからずっと目を背けておりました。

が、8歳の娘を前に、「やっぱり、本当は可愛くしたかった」という思いが浮上し、解放されたがっていたので、遂にやってみます。

これは娘への愛というより、過去の自分への贖罪と自己満足です。

可愛くても同性に好かれる子は沢山いる

こういった記事をSNSに書いたところ、「可愛く目立つと、同性に嫌われるのでは?と思ってしまう」というメッセージをいただきました。

確かにそうかもしれません。出る杭は打たれます。

けれど、可愛くても同性に好かれる子は沢山います。老若男女に好かれる子は沢山います。今はそう思っています。

「人に好かれることが全てではない」ですが、「どんな人が好かれるのだろう?」「自分はどんな人が好きだろう?」と内省していくことには意味があると思います。

関連記事

  1. 友達がいない人生のメリット

  2. そのエネルギーが現実化する

  3. 新しい形式での運動会

  4. 「思い込みが減ってきた」という思い込み

  5. 緊張しないための不遜な考え

Profile


株式会社16petales(セーズペタル)代表取締役
長谷川 裕美(はせがわ ひろみ)


2014年にメンタルコーチとして起業(個人事業主)。SNS発信とご紹介のみで、コーチングセッションのキャンセル待ちが100名を超える。これまでの登壇/主催開催/招致セミナー・イベントへの参加者は延べ3000名以上。

現在は、メンタルコーチング、グループコーチング、写真撮影、各種ディレクションを通して、クライアントの持つ世界や思いを外在化し、目標への現実化のサポートやマネジメントを行う。

また、2019年に「株式会社16petales(セーズペタル)」を立ち上げ、国内外に顧客を持つ。


Online Shop

Mail Magazine

  1. 2020.10.26

    【先行メルマガにて満席となりました】オンラインプロジェク…

  2. 2020.08.19

    ホームページを制作しました