一緒にリスクを背負うのに相応しい人たちと手を組む

自分との約束が唯一の命綱

7年ほど前、孤立無援の状態でメンタルコーチとして起業しました。

友人知人も数人しかいなかったこともあり、誰に相談するでもなく、誰に教えを乞うわけでもなく、誰に協力を仰ぐわけでもなく、ただ一人の素人主婦が静かに起業。誰かに必要とされているわけでもなく、誰かにせかされるわけでもない自由と軽さを楽しみつつ、それ故に『自分との約束が唯一の命綱』でもありました。

努力したり試行錯誤する理由は沢山ありましたが、その中の一つとしては、「少し先の自分を好きでいたい」「誇れる自分でいたい」というような気持ちがあったと思います。

本当は何をしなくても誇れる自分なのですが、けれど、やっぱり人間は何かを達成したい、達成感を得たい生き物なのだと感じた次第です。少し先の自分に期待したい、少し先の自分や世界に夢が見たい、心を高揚させたい生き物なのだ、と。

一人の楽しさと限界

そうして「お一人さま起業」をしたわけですが、一人で頑張ることの楽しさは、良くも悪くも誰も邪魔してこないこと。横やりが入らないこと。冷や水を浴びせられないこと。スケジュールが安定していること。即決即断できること。相談しなくてよいこと。意見が食い違わないこと。

最初の数年はその楽しさに喜々としていましたが、やがて一人で出来ることの限界を突き付けられ、頭打ちを食らいます。

そこでようやく「人と共闘」「世界と参画」という方法に開眼するのですが、誰かと何かをする際に肝に銘じていることがあります。それは、

一緒にリスクを背負うのに相応しい人たちと手を組む

ということ。

これは可愛い友人の勧めで読んだ『GILT』という本の一説ですが、「誰かと働く」ということの本質的な基準が明確になった本でもあります。

腹を括ろう

もちろん、物語の始まりにはハッピーエンドを想像します。ワクワクもするし、栄光や成功の感触に胸を躍らせることも。

けれども、必要なだけのリスクヘッジもします。最悪の状況に陥った際のセーフティネットを点検したり、それでもダメだったとしたら「腹を括ろう」と覚悟を決めたり。

リスクを取らずに好奇心を満たすことが出来ないのと同様に、何かをする際には、負荷も負担も背負う可能性が往々にしてあります。

だからこそ、「一緒にリスクを背負うのに相応しい」と思える方々に尽力する毎日です。そういった方々に対してであれば、最後の最後まで死力を尽くせると思うのです。

関連記事

  1. ネーミングのチカラを知らない者は、転がり続ける

  2. 完成されたパッケージも、その裏側も見たい

  3. 軽やか=頑張らなくていい、ではない

  4. 集合写真を撮りたくなった

  5. 4年ほど前からはじめた写真のお仕事<その後>

  6. 「平日日中だけ受け付けます」というブランド作り

Profile


株式会社16petales(セーズペタル)代表取締役
長谷川 裕美(はせがわ ひろみ)


2014年にメンタルコーチとして起業(個人事業主)。SNS発信とご紹介のみで、コーチングセッションのキャンセル待ちが100名を超える。これまでの登壇/主催開催/招致セミナー・イベントへの参加者は延べ3000名以上。

現在は、コーチングや写真撮影、各種ディレクションを通して、クライアントの持つ世界や思いを外在化し、目標への現実化のサポートやマネジメントを行う。

また、2019年に「株式会社16petales(セーズペタル)」を立ち上げ、日本の伝統文化のリライトやオリジナル商品販売を行う。現在では国内外に顧客を持つ。


Online Shop

Mail Magazine

  1. 2021.04.09

    オンリーワンになる方法

  2. 2021.04.08

    リトリート合宿はもう少し延期

  3. 2021.04.07

    それを他人に強要する時代は終わった