参加していない人ほど「残念」だという

ある一つの傾向

あるパン屋さんが閉店する際、大して足を運ばなかった人ほど「残念」「もっと続けてほしかった」「頑張ってほしかった」などと言う傾向があり、足繁く通っていたり、実際に応援していた人ほど「ありがとう」と感謝を伝える傾向にあると思っています。それはきっと、近くで見て、実際にアクションし、リアクションし続けることで、継続する大変さや苦労も分かち合う側面があるのしょう。数値化したわけではありませんが、個人的にはそういった傾向を感じています。

何かの企画や活動にしても同様で、参加していない人ほど終了に対して「行こうと思っていたのに」「楽しみにしてたのに」などという声を上げ、実際に活動に参加し、継続し、関係性のあった人ほど感謝を伝えてくれます。私自身のお仕事や活動においても、他の方のお仕事や活動においても、感じることは同様です。

この先もあってほしいものに対しては、表立って応援

やはり、この先もあってほしいもの、続いてほしいものに対しては、「出来る範囲」で「表立って」「応援」することが大切です。群雄割拠なだけでなく、何かと不安定かつ不景気な時代だからこそ、「陰ながら」では足りない事も。

もちろん、それをするためには自分に余裕があり、安定している必要もあると思うので「まずは自分を満たす」のが先なのですが、自分の身の回りをお気に入りや心地よさ、好きで満たすためには、それらの存続や繁栄までも応援し、支持する必要があります。

そして、それらの思いや行動さえ廻り回って巡るもの。だからこそ、「そういった人達とお付き合いしたいな」「そういったエネルギー循環の中にいたいな」と思う際には、自分からまずやってみせることも大切です。

日々、色々なニュースや話、事象に出くわしますが、何もしていない人の責任感のない言葉ほど薄く軽いものはないと思うばかりです。そうはなるまいぞ、と、肝を引き締めます。

関連記事

  1. 最初の動力は「突き抜ける」

  2. 大切なことは、よく寝て、朝判断しましょう

  3. 思うよりも時間がある。その理由

  4. 自分の望むお客様(状態)を引き寄せる

  5. 4年ほど前からはじめた写真のお仕事<その後>

  6. 軽やか=頑張らなくていい、ではない

Profile


株式会社16petales(セーズペタル)代表取締役
長谷川 裕美(はせがわ ひろみ)


2014年にメンタルコーチとして起業(個人事業主)。SNS発信とご紹介のみで、コーチングセッションのキャンセル待ちが100名を超える。これまでの登壇/主催開催/招致セミナー・イベントへの参加者は延べ3000名以上。

現在は、コーチングや写真撮影、各種ディレクションを通して、クライアントの持つ世界や思いを外在化し、目標への現実化のサポートやマネジメントを行う。

また、2019年に「株式会社16petales(セーズペタル)」を立ち上げ、日本の伝統文化のリライトやオリジナル商品販売を行う。現在では国内外に顧客を持つ。


Online Shop

Mail Magazine

  1. 2021.04.13

    「ワケもなく好き」にはワケがある

  2. 2021.04.12

    盆栽美術館

  3. 2021.04.11

    最初の動力は「突き抜ける」