友達がいない人生のメリット

友達がいなくても生きていける

心を開ける友がいる人生は素晴らしいものだと思います。しかし一方では、友達がいない人生もまた素晴らしいものだと思っています。

これは、友達のいなかった私の幼少時代、青春時代を省みた上でも思うことです。

どちらにしても孤独な夜は来るし、悲しみを一身に背負わなければならない時は来て、一見すると誰かが側にいることで悲しみや痛みは分け合えるようにも思えるのですが、根っこの部分では「それぞれに請け負うしかない」のではないかと感じるのです。

「一人で感じる孤独」よりも、「大勢の中にあって尚、孤独である」方が痛みを伴うのは、そのせいだと思います。

自家発電力&自己採取力

人は人によって磨かれていきますが、一人でいるからこそ自家発電力や自己採取力が養われることも往々にしてあります。

誰も褒めてくれないから、自分で褒める。誰も伸ばしてくれないから、自分で伸ばす。誰も拾ってくれないから、自分で拾う。

そういった自家発電力や自己採取力を愛で、肯定していきたい所存です。

関連記事

  1. 面倒くさい気持ちはあっという間に生まれる

  2. 無能なリーダーほどルールを作る

  3. 言っていること/やっていること/思っていることを一致させる

  4. 自分の変化に逆らわない

  5. 「慣れていく」過程を経験する

  6. 数より質/質より数

Profile


株式会社16petales(セーズペタル)代表取締役
長谷川 裕美(はせがわ ひろみ)


2014年にメンタルコーチとして起業(個人事業主)。SNS発信とご紹介のみで、コーチングセッションのキャンセル待ちが100名を超える。これまでの登壇/主催開催/招致セミナー・イベントへの参加者は延べ3000名以上。

現在は、コーチングや写真撮影、各種ディレクションを通して、クライアントの持つ世界や思いを外在化し、目標への現実化のサポートやマネジメントを行う。

また、2019年に「株式会社16petales(セーズペタル)」を立ち上げ、日本の伝統文化のリライトやオリジナル商品販売を行う。現在では国内外に顧客を持つ。


Online Shop

Mail Magazine

  1. 2021.07.30

    アウトプットの基本は「賢く」

  2. 2021.07.27

    思考力と検索力

  3. 2021.07.25

    自分の持つ影響力を自覚する