パンツとパンティ

パンツとパンティ

最近、娘に「私のはパンツ。ママのはパンティ」だと言われました。

確かに、娘が履いているのはキッズのパンツ。日本の全国の小学生女子とその親御さんが選んでいる普通のもの。

対して私は、ほぼレース。個人的に、「それは履く意味ある?」というものや、無駄にセクシーなものが好きです。

誰に見せるわけでなくとも、オーバーサイズの服を着ている日でも、そういったセクシーな下着を身に着けているだけで、自分の姿勢が良くなり、雰囲気や表情に艶が乗る気がしています。(そして、それは恐らく事実)

コロナ前にはスパなどにもよく行きましたが、更衣室でもセクシーなデザインを選ばれている方を、ついついチラ見してしまうという変態じみた行為も(無意識で)してしまっておりました。

やはり、花のような女性性や、香るようなエロス、蜜のような艶には目を奪されてしまいます。

しかし、これは既存の社会や概念から「女性はこうあるべし」「理想の女性像」を刷り込まれただけなのか?と自分を疑ったこともあるのですが、遡れども遡れども、私の個人的な嗜好のようでした。

心が喜ぶもので世界を埋め尽くす

今はパンツも冷え防止用やユニセックスなもの、女性性から解放されようといった趣のものまで多種多様に存在しています。コスパもピンキリ、色もデザインも選び放題。

そして、それらはそれぞれに主義主張やメリットを叫んでいますが、唯一言えるのは、自分の好きなものを選べばよし、ということ。

それぞれの言い分や、誰かの提言よりも、自分が心地よく、後ろめたさもなく、ワクワクし、重きを置いているものを選べばよい。

そんな中で、私はラインやフォルムを美しかったり、「女性性を際立たせる以外の用途はなし!」みたいなものが好きであり、エロスや艶、もっと言うのであれば「上から目線」を感じるものが好きです。

好きなものは好きでよいし、心が喜ぶもので世界を埋め尽くす。そのために、一つ一つ丁寧に選び、手放す時期が定期的に訪れます。

関連記事

  1. 2シーズンごとのテーマカラー

  2. ボンテージチック

  3. 私はあの人にはなれないし、あの人は私になれない

  4. 人は見た目”も”素敵な人から 話を話を聞きたい生き物

  5. おうちで美意識を底上げする

Profile


株式会社16petales(セーズペタル)代表取締役
長谷川 裕美(はせがわ ひろみ)


2014年にメンタルコーチとして起業(個人事業主)。SNS発信とご紹介のみで、コーチングセッションのキャンセル待ちが100名を超える。これまでの登壇/主催開催/招致セミナー・イベントへの参加者は延べ3000名以上。

現在は、コーチングや写真撮影、各種ディレクションを通して、クライアントの持つ世界や思いを外在化し、目標への現実化のサポートやマネジメントを行う。

また、2019年に「株式会社16petales(セーズペタル)」を立ち上げ、日本の伝統文化のリライトやオリジナル商品販売を行う。現在では国内外に顧客を持つ。


Online Shop

Mail Magazine

  1. 2021.09.19

    公式LINEをスタートしました

  2. 2021.09.17

    もっと受け取り上手になる方法

  3. 2021.09.15

    2022年の手帳が届きました