「嬉しい」の中毒性

スタジアムを楽しむ

先週の土曜日は、お上とそのお嬢様と家族とみんなで野球観戦へ行って参りました。最近、球場に足を運ぶ機会がありますが、いまいちルールが分からないまま雰囲気やお食事に絆され、休日感や交流を楽しんでいます。

「嬉しい」の中毒性

野球だけでなく、お金を払ってくれるお客さまやファン、スポンサーや実質的な応援者がいることで初めて立ち行く職(世界)は多いと思いますが、それがなんであれ「嬉しい」を提供するのは共通事項だと思います。そして、「嬉しい」経験はふとした時にも思い出す。再体験に抵抗がない。というか、むしろ再体験したい。

具体的には

「すごく美味しくて、嬉しい」
「丁寧に扱われて、嬉しい」
「可愛いラッピングで、嬉しい」
「景色の良い席に通されて、嬉しい」
「詳しくヒアリングしてくれて、嬉しい」
「お土産をいただけて、嬉しい」
「大切に考えてくれて、嬉しい」
「肯定してくれて、嬉しい」
「ピッタリのサイズが買えて、嬉しい」
「一点ものが手に入って、嬉しい」
「直筆だなんて、嬉しい」
「送迎してくれて、嬉しい」
「分かりやすい説明で、嬉しい」
「カスタマイズしてくれて、嬉しい」
「覚えていてくれて、嬉しい」
「見識を広げられて、嬉しい」
「豊かな経験ができて、嬉しい」
「個人的に話せて、嬉しい」
「裏話が聞けて、嬉しい」
「協力できて、嬉しい」
「貢献できて、嬉しい」
「思った通りで、嬉しい」
「想像以上で、嬉しい」
「結果が出て、嬉しい」
「効果が出て、嬉しい」
「仲間が出来て、嬉しい」

…無限に出てきますね。

つまり、それが何にせよ「サービスや商品そのもの」だけでなく『感情としての“嬉しい”』も非常に重要だということ。

では、それにも慣れてきたら?

ではその体験が2度、3度…と続き、サービスにも対応にも経験にも慣れてきた時にはどうするべきか?実際、私は球場にもサービスにも慣れて、最初の頃の新鮮味は薄まっているのです。

そこを考えに考え、試しに試し、微調整に微調整し、時に大胆に繊細に、自分を持ちながらも積極的に考えていける人だけが残っていくのかもしれませんが、

・想像/想定と違わないサービス(品質)が安心して受けられる
・想像/想定外のサプライズがある
(横浜スタジアムの日産スタースイートでいうと、お土産がある日とない日があるのも良い)
・一律の対応ではなく、カスタマイズされている節が見受けられる

は、やはり強いと実感中。

反対に「もう行かない」と思う場やサービスもあるので、そのあたりから練っていくのもおススメです。行く先々、無料で転がるビジネス学の実例たちに感謝です。

※ベイスターズは巨人と戦っていましたが、今回は同点で終えました!

関連記事

  1. レギュラーメンバーさんにオリジナルノベルティをお贈りしました…

  2. 大切なことは、よく寝て、朝判断しましょう

  3. 自分の望むお客様(状態)を引き寄せる

  4. 一緒にリスクを背負うのに相応しい人たちと手を組む

  5. 自分のことが好きになるお買い物

  6. 参加していない人ほど「残念」だという

Profile


株式会社16petales(セーズペタル)代表取締役
長谷川 裕美(はせがわ ひろみ)


2014年にメンタルコーチとして起業(個人事業主)。SNS発信とご紹介のみで、コーチングセッションのキャンセル待ちが100名を超える。これまでの登壇/主催開催/招致セミナー・イベントへの参加者は延べ3000名以上。

現在は、コーチングや写真撮影、各種ディレクションを通して、クライアントの持つ世界や思いを外在化し、目標への現実化のサポートやマネジメントを行う。

また、2019年に「株式会社16petales(セーズペタル)」を立ち上げ、日本の伝統文化のリライトやオリジナル商品販売を行う。現在では国内外に顧客を持つ。


Online Shop

Mail Magazine

  1. 2021.07.30

    アウトプットの基本は「賢く」

  2. 2021.07.27

    思考力と検索力

  3. 2021.07.25

    自分の持つ影響力を自覚する