1day美腸活プログラム


必要な栄養を取り入れながら健康的に
美しくデトックスする医師考案の「美腸活」に
「疲れにくい脳作り(セロトニン活動)」と
「潜在意識」からのアプローチを組み合わせた
”日々のクオリティを上げる”ための
オリジナルプログラムです

栄養を取り入れながら
美しくデトックス

「美腸活」とは、必要な栄養を取り入れながら健康的に美しくデトックスするための医師考案のプログラムです。

私は2021年7月に直感的に出逢い、そこから1day美腸活を月1回のペースで続けています。

そもそも、2017年に「人生が変わる」と言われるジェモセラピーの『腸の浄化』出逢い、2クール(3か月×2回)を行うことで、根強い肌荒れやそれを引き起こしていた潜在的なパターンから解放されたのですが、今再び「腸」に出逢い直し、実人生における変化を体験することになりました。

私の健康と美容の
根底にあるもの

しかし、私の健康と美容の根底には

・科学的な根拠があることも大切だけれど、私が実感・体感出来ることもすごく大切
・コンテストに出るわけではないので、シルエットやバランス重視
・スッキリしても、艶やハリや女性的な魅力が損なわれたら本末転倒
・家族や友人たちと旬のものを美味しくいただくことは、魂の滋養
・医療機関やお薬とも上手く付き合う
・あれはダメ!これは毒!という提言はそこまで要らない
・既に健康だけど、更に健康に美しくなる

があります。

つまり、薄幸の美人や不健康なスリムさには興味がないのです。

私の毎日のクオリティが上がる

実際に1dya美腸活をした結果、最も印象的だったのは「気持ちがいい」「五感が研ぎ澄まされる」でした。

非常に抽象的ではありますが、毎日を生きる上で「心身共に気持ちがいい状態」というのは、私の毎日のクオリティを上げてくれますし、五感が鋭くなることは、お仕事にもプライベートにも大きなアドバンテージになりました。

トップアスリートや政治家や経営者、芸能人やアーチスト…といった方々が、定期的にファスティングなどを取り入れる意味がようやく理解できました。

また、生理前の肌の不調については1度で感じなくなり、肌のもっちり度がアップ。写真撮影時には「若くなった」という声もいただきました。

私は体重や体脂肪を落としたいわけではないので、主には“ゆる活”というスタイルをとっていますが、同じように体重や体脂肪を減らしたくない方、艶やかなラインを損ないたくないという方にも、おススメのプログラムです。

私たちの腸の働き


腸は、私たちが健康に生きるための重要な機能を多くを担っています。

実際に目にすることのない部分ではありますが、肌や髪に向けるような意識や興味を持ち、時に休ませ慮ることで、より健康かつ美的な生き方に近づくことが出来ます。

美腸活ってなに?


美腸活とは、必要な栄養を取り入れながら健康的に美しくデトックスする医師考案のプログラムです。

ファスティング(胃腸などの消化器官を休ませる)効果にプラスし、腸内環境の改善や腸が持つ本来の働きを活性化させることを目的としています。

長谷川裕美の1dayプログラム


「試験や発表などの緊張する場面で急にお腹が痛くなった」、反対に「お腹の調子が悪いと気分が沈む」というのは誰しも経験があると思いますが、それは『脳腸相関』によるもの。

腸内環境は集中力や思考力といった脳の働きを大きく左右し、脳の健康状態は腸の健康状態に影響を与えることが分かっています。

よって、必要な栄養を取り入れながら健康的に美しくデトックスする医師考案の「美腸活」にプラスし、やる気や幸福感につながる神経伝達物質である「セロトニン」の分泌を増やし、「疲れにくい脳」のための習慣作りを実践いただきます。

また、偽薬(プラセボ)効果に代表されるように私たちの意識や心理効果(暗示作用)は体にも大きな影響を与えるため、それらのチカラがご自身の心身の健康を後押しするよう、潜在意識のお掃除も行います。

よくある質問


Q.痩せ型だけど、美腸活は出来る?
A.一つの基準としてBMI18以下の方には“ゆる活”をおススメしています。

Q.頭痛や胃痛がすることがあるって聞いたけど?
A.血糖値の低下や胃酸過多などにより、それらの症状が出ることがあります。また、片頭痛をお持ちの方にも頭痛症状が出やすいようです。その時にはサポートさせていただきますが、一般的にもファスティング中にはそういった症状が出やすいことはお伝えさせてください。

Q.貧血気味ですが、問題なくできますか?
A.重度の貧血を持つ方にはおススメをしておりません。特に女性は生理や子宮疾患によって赤血球が減りやすいので、貧血の方は注意が必要となります。”ゆる活”という形からお試しいただくのも良いかと思います。

Q.病気は治りますか?病中でも出来ますか?
A.美腸活は病気を予防するプログラムのため、治療中の方は当方ではお受けできません。また、糖尿病、痛風、高血圧、がん、心疾患、脳血管疾患、精神病、活動性肝炎を診断されている方、副腎皮質ホルモン剤や抗うつ剤などを投与中の方もお受けできませんので、何卒ご了承くださいませ。

Q.体重や体脂肪、バストやヒップを落とさずに腸活(お腹だけスッキリ)することは出来る?
A.私もそれを理想とするタイプです。“ゆる活”またはプロテインの摂取をおススメします。(ご希望の方にはおススメのプロテインも手配させていただきます)

Q.何か自分で買うものはある?
A.お申込が確定した後、全て郵送させていただきます。ご自身で何かを買い揃える手間はありません。

Q.生理中でも出来る?
A.ホルモンバランスの関係により生理終了後の方が効果が期待できると言われていますが、私はあまり気にしないタイプです笑

Q.美腸活前にしておくことってある?
A.はい。心掛けていただきたいことがありますので、お伝えさせていただきますね。

Q.なんで1dayだけ扱うの?
A.現在の私にとって、人と会ってお食事をさせていただくことはお仕事の一部でもあります。心身のためとはいえ、食事を制限するスケジュールを長く確保することは難しいというのが正直なところです。よって、今の私には1dayをベースにすることが最も現実的であり、定期的な継続を考えた際にも理想的だったからです。1day仲間を募集しています。

Q.カウンセリングはある?
A.美腸活前と後に45分~60分のオンラインカウンセリングを行います。

Q.いつお申込するのがベスト?
A.直感的にピンときた時にリクエストください。実際の美腸活day前から心掛けていただいたり、体を慣らしていく作業を要する場合もあります。よって、早めにご相談いただけた方がスムーズかと思います。

Q.7日間の美腸活や3か月の体質改善に興味があります
A.信頼できるセラピストをご紹介させていただきますのでお気軽にご相談ください。長谷川を指名の場合には承らせていただきます。

お客様の声

詳細のご案内

どんなに科学的な裏付けがあったとしても、何よりも大切なのは「今のあなたに必要か」ということ。

ご自身の直感に沿って、お申込をご検討ください。

こんな方へ

    • 長谷川裕美が好きな方
    • その上で、あらゆる面で日々のクオリティを上げたい方
    • 上記のご案内に共鳴共振し、ご自身の責任とご意思の元でチャレンジいただける方

ご確認ください

  • お申込とお支払いが完了した後、必要なもの一式を発送させていただきます。
  • お受けいただくには、同意書の提出が必須となります。
  • 美腸活の前後に長谷川裕美による45分~60分ほどのオンラインカウンセリングがございます。
  • 希望の方には長谷川裕美による遠隔トリートメントを行います。

料金

1day美腸活プログラム 32,000円(税込 35,200円)
※月に1回の継続的なコースには割引がございます。
(お支払いはクレジットカード、銀行振込、ペイパルからお選びいただけます/一括のみ)

※現在は直接の面識のある方、または信頼できる方からのご紹介のある方のみリクエストを受け付けさせていただきます
※こちらはあくまでリクエストであり、お申込確定ではございませんのでご注意ください(確認後、5日以内にご連絡いたします)
※現クライアントさま、現お取引先さま、現PJTメンバーさまには特別割引がございます

<2021年 年内枠は非常に少なくなっております>

リクエストはこちらから

 

Profile


株式会社16petales(セーズペタル)代表取締役
長谷川 裕美(はせがわ ひろみ)


2014年にメンタルコーチとして起業(個人事業主)。SNS発信とご紹介のみで、コーチングセッションのキャンセル待ちが100名を超える。これまでの登壇/開催/招致セミナー・イベントへの参加者は延べ3000名以上。

現在は、コーチングや写真撮影、各種ディレクションを通して、クライアントの持つ世界や思いを外在化し、目標への現実化のサポートやマネジメントを行う。

また、2019年に「株式会社16petales(セーズペタル)」を立ち上げ、日本の伝統文化のリライトやオリジナル商品販売を行う。現在では国内外に顧客を持つ。

2021年9月からは美腸セラピストとして、美腸活×疲れにくい脳作り×潜在意識を扱う1dayプログラムも提供する。


Online Shop

  1. 2021.10.21

    最も豊かな人は、勝ち組・負け組の概念を持たない人

  2. 2021.10.16

    願いは叶う。ユーモアを交えながら。

  3. 2021.10.14

    問題が外にあると考えるのであれば、その考えこそが問題であ…