胸がキュインとするほど美しい

お稽古の撮影へ

昨日12月28日は、神楽坂にある矢来能楽堂で舞台の稽古撮影をさせていただきました。

能楽堂の門をくぐってからの空気感と空間を震わせる先生方の謡いや舞いは、有象無象を無化するほどに特別なもの。私はお稽古を観ているのが心底好きでして、この世界にずっと触れていたいし、ずっと聴いていたいと思うほどです。

思えば、能に触れた最初の瞬間からそう感じ続けている気がします。

自覚する以上の贅沢

古く、格式ある世界ですが、少し興味を持つだけで胸がキュインとするほど美しい世界でもあると思う毎日。自覚する以上の贅沢を享受させていただいていると思います。

また、私がこれまで足を運んだことのある能舞台(能舞台)は

・国立能楽堂
・厳島神社の能舞台
・クレア鴻巣の大ホールに現出する能舞台(セット)
・氷川の杜文化館

ですが、都会の真ん中にありながら趣と風情のあるレトロ感満載な矢来能楽堂は、最も好きな能楽堂かもしれません。

そして、願わくば能楽堂でドローン飛ばしたいと夢想しますし(恐らく許可が下りないと思われますが笑)、そういった世界を楽しめる仲間や機会もどんどんと増やしていきたいと感じる次第でございます。

関連記事

  1. 「文化のある生活」がしたい

  2. 国立能楽堂へ

  3. 日産スタースイートで野球観戦

  4. 新春能

  5. 夢の中より夢心地

  6. 【受付終了】3月10日(水)はオンラインでお能トークを開催

Profile


株式会社16petales(セーズペタル)代表取締役
長谷川 裕美(はせがわ ひろみ)


2014年にメンタルコーチとして起業(個人事業主)。SNS発信とご紹介のみで、コーチングセッションのキャンセル待ちが100名を超える。これまでの登壇/主催開催/招致セミナー・イベントへの参加者は延べ3000名以上。

現在は、コーチングや写真撮影、各種ディレクションを通して、クライアントの持つ世界や思いを外在化し、目標への現実化のサポートやマネジメントを行う。

また、2019年に「株式会社16petales(セーズペタル)」を立ち上げ、日本の伝統文化のリライトやオリジナル商品販売を行う。現在では国内外に顧客を持つ。


Online Shop

Mail Magazine

  1. 2021.04.11

    最初の動力は「突き抜ける」

  2. 2021.04.09

    オンリーワンになる方法

  3. 2021.04.08

    リトリート合宿はもう少し延期